ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhoneがロックされていても全データを抜く方法

iPhoneをロックすると、他者による不正操作を防止できます。しかし、データ管理ソフト「iPhoneアナライザー2」を使うと、iPhoneをロックしてあっても通話やLINE履歴などが抜き出せてしまうのです。iPhoneがロックされていても全データを抜く方法を詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
iPhoneがロックされていても全データを抜く方法

iPhoneのロック解除は初回のみ必要

iPhoneアナライザー2はiPhone本体や、PCのバックアップを解析し、あらゆるデータを取り出せるソフト。価格は9,800円です。

実際に、PCにケーブルで接続したiPhoneからLINEの履歴を抜き出す手順を見てみましょう。まずiPhoneをPCに接続したら、「信頼」をタップ。iPhoneのロック解除は初回のこの操作のみ必要になります。1度設定すると2度と確認されません。

すると、PCがiTunesにアクセスするのを許可するか確認されるので、「続ける」をクリックします。iPhoneアナライザー2で解析対象を選択。iPhone本体を選びます。

iPhoneがロック状態でも抜き出せる

続いて「解析する」をクリックし、抜き出したい情報を選択。「Line」を選択すると、LINEのトーク履歴が表示されるので、やり取りがすべて丸見えになるというわけです。一度設定すればiPhoneがロック状態でも抜き出せてしまいます。

また、iPhoneアナライザー2はPCに保存されているiPhoneのバックアップを自動的に見つけ出して解析することも可能です。各種データを抜き出せます。ただし、暗号化されたバックアップは解析できません。

ちなみに、Androidからデータを抜き出す「Androidアナライザー」もあります。こちらも9,800円です。この情報は『ラジオライフ』2016年2月号に掲載されていました。

■「iPhoneロック」おすすめ記事
iPhoneはロック状態でも勝手にメールが送れる

■「iPhoneセキュリティ」おすすめ記事
iPhoneのセキュリティがAndroidより高い理由
iPhoneのセキュリティを破ったアプリとは?

■「iPhone」おすすめ記事
iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違っていた
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhoneの広告を消す方法!追尾広告とオサラバ
iPhoneを自動録音アプリで盗聴器にする方法
iPhoneにSuicaを内蔵する改造サービスがある
iPhoneを防水仕様に自分で改造する方法とは?

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事