ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

LINEで詐欺に遭わないために気をつけること4つ

トークや音声通話が無料でできるため、スマートフォンを中心に利用されているLINE。LINEの人気はアジアが中心のため、アジア系のサイバー犯罪者たちが詐欺の場として狙いを定めています。そこで、LINEで詐欺に遭わないために気をつけるべき4つのポイントを紹介しましょう。



スポンサーリンク
LINEで詐欺に遭わないために気をつけること4つ

LINEの詐欺手法がサクラサイト商法

ガラケーでよく見られたサクラサイトへの勧誘が、LINEでも行われています。これは、有料チャットや出会い系サイトの運営者が一般ユーザーを偽り、LINEユーザーを自社サイトに誘導し、有料メールサービスなどで不正に利益を得る詐欺手法です。

突然メッセージを送りつけ「LINEではメッセージを送れない」などといって、悪質な出会い系サイトに誘導するサクラサイト商法。知らない人のメッセージにあるURLはクリックしてはいけません。

知らない人からのメッセージが繰り返し送られてくる場合は、特定の相手からのメッセージを遮断できる「ブロック」機能を活用。そのほか「IDの検索を許可」を無効にすることも効果的でしょう。

LINE詐欺で頻発する共通パターン

頻発するLINE詐欺は、メンバーになりすましてiTunesストアなどのプリペイドカードを買うことを求めるのが共通したパターン。詐欺マニュアルの流出などから、中国系詐欺集団の組織的な犯罪であることが判明しています。

そこで、LINEで詐欺に遭わないために気をつけること4つを紹介しましょう。1つめは、トークの不審なリンクはクリックしないこと。2つめは、他のWebサービスと異なるパスワードを使用することです。

LINEで詐欺に遭わないために気をつけること3つめは、直接知っている人以外はメンバーにしないこと。4つめは、メンバーの不審な言動に気づいたら直接本人に連絡をとることです。この情報は『ラジオライフ』別冊に掲載されていました。

■「LINE」おすすめ記事
LINEで既読をつけないでメッセージを読む方法
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
LINE新規登録に2台持ちガラケーでアカウント開設
LINEふるふる機能で知らない人と知り合う
LINEブロックを確認するスタンプのプレゼント
LINEアカウントが匿名で作れる「Travel SIM」
LINEトークをiPadから盗聴する方法とは
LINEのセキュリティを上げるための6つの設定

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事