ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

デジタル簡易無線登録局を始める手続きと費用

無線を運用するには免許(ライセンス)が必要ですが、デジタル簡易無線登録局は一切の免許が不要なライセンスフリー無線。そして個人でも使える無線でもあります。デジタル簡易無線登録局を始めるための費用や手続きについて、詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
デジタル簡易無線登録局を始める手続きと費用

デジタル簡易無線は資格不要

デジタル簡易無線登録局が軽量・コンパクトな第2世代へと進化してきたのは、今まで無線を使ってこなかった大型店舗などのサービス業などが使用し始めたからです。

それに加え、一切の免許を必要としないライセンスフリー無線として無線運用を楽しむホビーユースのニーズがありました。第2世代機の「TPZ-D553」は、ホビーユースを相当意識した機種です。これを機会に、デジタル簡易無線登録局を始めたくなったという人もいることでしょう。

デジタル簡易無線登録局機は国家資格が不要で、登録するだけで使えます。この登録には無線機を1台ずつ申請する「個別申請」と、2台以上を一括して登録を行う「包括申請」の2つの方式があります。

デジタル簡易無線は包括申請

どちらも費用がかかるのですが、デジタル簡易無線登録局は包括申請が絶対にオススメ。包括申請にはさまざまななメリットがあるからです。まず、複数台のトランシーバを登録する場合に、申請手数料が安く済むことです。

最初に包括申請(手数料2,900円)を済ませておけば、それ以後は何台追加しても申請手数料はかかりません。開設届の提出だけでOKです。最初に使うデジ簡登録局機が1台だけであっても包括申請ができます。

今後の買い足しや買い替えを考えて包括申請をしておきましょう。また、事前に包括申請を済ませて登録状が発行されていれば、購入して即日使用できるのも魅力です。新しく購入した端末に関しては、運用開始から15日以内に開設届を提出すれば大丈夫。すぐにでも運用を開始したい人にはピッタリでしょう。(文/デジ☆KAN太郎)

■「デジタル簡易無線登録局」おすすめ記事
デジタル簡易無線登録局は第2世代に突入した
ケロケロ音が減少したデジタル簡易無線登録局機
デジタル簡易無線登録局の専用ボディで小型化
デジタル簡易無線の包括申請は意外に簡単だった
デジタル簡易無線が1枚基板に集約できた理由
デジタル簡易無線で5W送信と小型化を両立した
デジタル簡易無線で忘れてならない開設届の提出
TPZ-D553は第2世代デジ簡登録局機の最新モデル
VHF帯エアーバンドにデジ簡登録局用アンテナ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事