ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

タイヤは製造年をチェックしてから購入すべし

タイヤの製造年を簡単にチェックする方法を紹介しましょう。タイヤの製造年は側面にある数字から判別できます。じつは、安売りされているタイヤの製造年にはバラつきがある場合もあるのです。そのためにも、タイヤは製造年をチェックしてから購入すべきでしょう。



スポンサーリンク
タイヤは製造年をチェックしてから購入すべし

タイヤの製造年を読み取る方法

クルマのタイヤが、ホームセンターやカーショップで安売りされているのを見かけます。が、実はタイヤの製造年にバラつきがある場合があるのです。

タイヤにはひび割れを防ぐ「ひび割れ劣化防止剤」という油分が入っています。とはいうものの、時間が経てば劣化は避けられません。

そこで、なるべく新しいタイヤを購入するために、製造年を読み取る方法を紹介しましょう。タイヤの側面(サイドウォール)部分にある4ケタの数字をチェックするのです。

タイヤの製造年は4ケタの数字

タイヤに表示されている文字はさまざま。製造国名やシリアル番号、タイヤの名称やタイヤのサイズなどが記載されています。タイヤの製造年はそれらの中から4ケタの数字を探し出します。

この4ケタの数字は製造年と週を示しており、例えば「1215」なら、最初の2ケタは週で、このタイヤの場合12週の意味。後ろの2ケタは年を意味し、2015年となります。

ちなみに三才ブックスのクルマのタイヤは「3114」と表記。2014年31週目に製造されたという意味です。この情報は『ラジオライフ』2016年2月号に掲載されていました。

■「数字」おすすめ記事
免許証番号で初めて免許を交付された年がわかる

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。