ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

格安航空会社は急な場合は比較サイトを利用する

格安航空会社を賢く利用するなら、日程に余裕があればキャンペーンを活用するのが基本。急な場合は格安航空会社の比較サイトを利用。格安航空会社は6~8週間前が最も安くなり、搭乗日が近づくにつれて高くなりますが、登場当日や直前には半額近くまで価格を落とすこともあるのです。



スポンサーリンク
格安航空会社は急な場合は比較サイトを利用する

格安航空会社はキャンペーンを狙う

格安航空会社を賢く利用する方法の1つは、キャンペーンやセールを狙うのが定番。通常8,000円程度の運賃が1,000円台で購入できるなど、破壊的なプライスが出ます。

そのためには各格安航空会社に会員登録して、キャンペーンのメールが届くようにしましょう。ただ、キャンペーンの難点は、搭乗日がかなり先に設定されがちなこと。出張など、急な場合は使いようがありません。

そんな時は、複数の格安航空会社の料金を比較することから始めます。特に成田国際空港から新千歳空港や福岡空港など、多くの格安航空会社が就航している路線は、航空会社によって料金にかなりの差が出ます。

格安航空会社は頻繁に料金が変動

skyscanner」は国内外の航空会社、すべての料金を比較できるWebサイトです。検索時点での最低料金を1か月分まとめてグラフで見られるのもいいところ。このサイトを利用して、格安航空会社の最低料金を逃さずに予約しましょう。

頻繁に料金が変動することも格安航空会社の特徴。6~8週間前が最も安い価格設定で、搭乗日が近づくにつれて高くなります。ただし、搭乗当日や直前になると“売れ残り”を捌くために、半額近くまで価格を落とすこともしばしばです。

最悪、搭乗できないというリスクを抱えますが、格安航空会社の搭乗率は90%前後なので、残席はあります。安く利用したいなら、土壇場でこれに賭けてみるのもありです! この情報は『ラジオライフ』2016年2月号に掲載されていました。

■「格安航空会社」おすすめ記事
ピーチ航空のセール運賃をフライングゲット!
ジェットスターのセールを狙うならLoppi端末
LCC国内線を使いこなすための4大テクニック
国内線が格安!60%オフでもキャンセル料500円
スカイマーク「いま得」がLCCよりお得な理由

■「航空会社」おすすめ記事
飛行機の遅延補償はクレジットカードを活用
飛行機の荷物が優先的に出てくるテクニック
飛行機の座席はどこに座るのが一番安全なのか?

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事