ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

格安航空会社を利用した海外経由の国内旅行とは

格安航空会社を利用して、帰省ついでに海外で観光を楽しんでしまいましょう。というのも、混雑期は格安航空会社は売り切れが続出するもの。そんなときには海外の格安航空会社をうまく利用しましょう。格安航空会社の海外の拠点経由で国内旅行をするのです。



スポンサーリンク
格安航空会社を利用した海外経由の国内旅行とは

格安航空会社の航空券がより安く

年末やお盆の混雑期、実家に帰省しようと思っても安い格安航空会社のチケットはいち早く売り切れ。JAL・ANAなどの大手航空会社では、当然ながら非常に割高な価格設定になってしまいます。

そんな時は、韓国や中国など近くの海外の格安航空会社に注目。例えば、東京から福岡へ帰省する際にエアプサンなど韓国の格安航空会社を使い、東京→釜山、釜山→福岡と移動します。

すると、韓国~日本間の往復割引が適用され、格安航空会社の航空券がより安くなるのです。そのため、日本の航空会社で羽田~福岡のチケットを買うより安くなるというワケ。

格安航空会社の不人気エリアを選ぶ

ただし、海外旅行客が多い時期だと格安航空会社でも不人気エリアを選ぶなど工夫は必要です。国内航空券が片道30,000円くらいのところ、韓国を経由すると20,000円程度で済むこともあります。帰省ついでに観光でき、一石二鳥です。

成田・羽田発着のアジア圏格安航空会社を確認しておきましょう。行き先が韓国・ソウルなら「チェジュ航空」と「イースター航空」、釜山が「エアプサン」です。台湾は「バニラエア」「スクート」「ピーチ」があります。

行き先が香港なら「バニラエア」「ジェットスター・ジャパン」「香港エクスプレス」です。マレーシアなら「エアアジアX」、タイなら「タイ・エアアジアX」、フィリピンなら「セブパシフィック」があります。この情報は『ラジオライフ』2016年5月号に掲載されていました。

■「格安航空会社」おすすめ記事
ピーチ航空のセール運賃をフライングゲット!
ジェットスターのセールを狙うならLoppi端末
LCC国内線を使いこなすための4大テクニック
国内線が格安!60%オフでもキャンセル料500円
スカイマーク「いま得」がLCCよりお得な理由

■「航空会社」おすすめ記事
飛行機の遅延補償はクレジットカードを活用
飛行機の荷物が優先的に出てくるテクニック
飛行機の座席はどこに座るのが一番安全なのか?

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事