ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

携帯ラジオを買うなら中華ラジオがおすすめ

すでに東京・名古屋・大阪のAMラジオ局がFM補完放送を開始しています。ただし、FM補完放送の周波数は90~95MHz帯。従来までの携帯ラジオでは受信できない機種もあります。そこで注目は高性能ながら安価な中華ラジオ。携帯ラジオを買うなら中華ラジオがおすすめです。



スポンサーリンク
携帯ラジオを買うなら中華ラジオがおすすめ

携帯ラジオでFM補完放送に対応

ポケットラジオの上をいく、携帯ラジオが人気です。なかでも最近の話題は中華ラジオ。DSP搭載で高性能化しながらも小型化し、さらに安くなっているからです。

電波の飛びが注目されているAMラジオ放送局によるFM補完放送、通称「ワイドFM」。新規割当ての90~95MHz帯が空いているので、疾走するがごとく遠距離まで飛んでいます。

国内メーカーからは、FM補完放送対応の安価な携帯ラジオが登場していますが、安価な携帯ラジオといえば中華ラジオも見逃せません。FMバンドは国際標準のワイド仕様で、90~95MHz帯も受信できます。

携帯ラジオとしての性能も安定

そして携帯ラジオとしての性能も、DSP搭載モデルなので特にFMバンドは高感度で安定しています。また、海外のDXerたちも改造のベースとして、注目しているのが中華ラジオなのです。

今回、入手しやすい携帯ラジオとして取り上げたのは4機種。ELPAの携帯ラジオ「ER-C56F」「ER-C57WR」と、TECSUNの「PL-380」「PL-310ET」です。いずれも5,000円前後で購入できる機種を選んでいます。

このように、安価ながらFM補完放送にも対応して高感度な中華ラジオ。携帯ラジオを買うなら中華ラジオがおすすめです。この情報は『ラジオライフ』2016年6月号に掲載されていました。

■「携帯ラジオ」おすすめ記事
携帯ラジオでFM補完放送を楽しむおすすめ機種
携帯ラジオで買うべき1台は機能がないPL-380

■「中華ラジオ」おすすめ記事
中華ラジオATS-909Xの感度はソニー高級機並み
ラジオ録音に電子ブックも搭載した中華ラジオ
ソニーのラジオを超えたTECSUN「PL-880」

■「ラジオおすすめ」おすすめ記事
ラジオおすすめの1台はソニーのICF-M780N
ラジオ録音機能で選ぶおすすめの機種はこれだ
防災ラジオのおすすめは手回し充電のRF-TJ10

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事