ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

駄菓子のヤッターメンの当たりは社名で判別する

ステレオタイプな中国人のイラストが懐かしい駄菓子がヤッターメン。正式にはジャック製菓の「ヤッター!めん」という商品になります。ヤッターメンは金券タイプの当たり付き。最高で100円が当たります。このヤッターメン100円当たりはパッケージの社名と住所でわかるのです。



スポンサーリンク
駄菓子のヤッターメンの当たりは社名で判別する

ヤッターメンの当たりを見分ける

ヤッターメンの当たりは金券タイプで、140個中に当たりは17個存在。内訳は、100円×1個、50円×2個、20円×6個、10円×8個でした。

当たりのバリエーションが多いことと、当たり・ハズレともに印刷のバラつきが大きいため、法則性を見つけ出すのは困難です。しかし、100円の当たりだけはすぐに分かる特徴があります。

ヤッターメンの当たりはパッケージ最下部に注目。そこにある会社名と住所のラインの有無が見分けるポイントです。100円当たりは文字が途切れずに表記されています。

ヤッターメンは100円当たり狙う

具体的には、ヤッターメンの当たりを見分けるのはパッケージの1番下の部分。100円当たりなら「ジャック製菓株式会社大阪府東大阪市永和3」の社名と住所がしっかり記載されているのです。

しかし、50円以下の当たりとハズレは、このラインが上半分ほどで切れているか全くないかという状態。ただし、50円以下の当たりが出ることもありました。

社名・住所が途中で切れていたり、なかったりするものは判別不可。ヤッターメンは社名と住所から100円当たりだけを確実に狙いましょう。この情報は『ラジオライフ』2016年8月号に掲載されていました。

■「駄菓子」おすすめ記事
駄菓子のコーラドリンクの当たりはロゴを調べる

■「ヤッターメン」おすすめ記事
「ヤッターメン」で儲けるための傾向と対策

■「当たり」おすすめ記事
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
チョコボールの当たりを見分ける方法まとめ
よっちゃんイカは切り口の長さで当たりがわかる
よっちゃんイカの当たりを印刷で判別する方法
マルカワのフーセンガムの当たり攻略マニュアル

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事