ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ローソンセレクトの安さと医薬品の品揃えが魅力

コンビニはお弁当やお惣菜ばかりに注目しがちですが、意外と侮れないのが雑貨や日用品。ブランドコラボ商品など、そのコンビニチェーンでしか手に入らない限定商品も少なくありません。ローソンはユニークさよりも安さを売りにしたローソンセレクトを展開。加えて、クスリの販売が充実しています。


スポンサーリンク
ローソンセレクトの安さと医薬品の品揃えが魅力

ローソンセレクトの逸品はコロッケ

ローソンは「ローソンセレクト」というPB(プライベートブランド)で、食品・日用品を販売しています。質よりも安さを重視した商品がほとんどです。最も多いのは100円台の食品。惣菜や冷凍食品が割安で手に入ります。

ローソンセレクトの間違いない逸品といえば「牛肉コロッケ」(205円)。大きめコロッケ2個入りで、肉感がしっかりです。「ライスバーガー」(165円)は、小腹が減った時に最適なサイズ。夜食に常備するとよいでしょう。

ローソンセレクトはその安さから、スーパー代わりに使う人もいるほど。とはいえ、セブンイレブンのコラボ商品や、ファミリーマートの無印良品といった、ローソンでしか買えないという商品があまりありません。

ローソンの品揃えの特徴は市販薬

一方で、ローソンの品揃えのもう1つの特徴は、市販薬を扱っていること。以前はLoppi端末で取り寄せができましたが、現在はサービス終了。代わりに店舗の品揃えが充実しています。

通常、コンビニでは薬事法で第3類に分類される市販薬のみしか買えません。しかし、ローソンは大都市を中心とした多くの店舗(ヘルスケアローソン)で、登録販売者を置いて、第2類の風邪薬や目薬などを販売しているのです。

東京・大崎など一部店舗では特定時間に資格所有者を置き、第2・3類の風邪薬・胃薬・目薬・妊娠検査薬などが買えるというわけ。薬剤師に相談しながら購入可能。ドラッグストアさながらの品揃えです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事