ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ネット非対応テレビで動画サービスを楽しむ方法

「Netflix」や「Hulu」「Amazonプライム・ビデオ」など、コンテンツがますます充実してきたインターネットの動画配信サービス。とはいえ、テレビがネット非対応だと、やむなくスマホやタブレットで映像を楽しむしかありません。そこで、動画配信サービスをネット非対応テレビで視聴する方法を予算別に見ていきます。


ネット非対応テレビで動画サービスを楽しむ方法

ネット非対応テレビで動画サービス

ネット非対応テレビで動画サービスを楽しむ場合、主に2013~2015年モデルのMHL対応スマホを持っているなら、MHL変換アダプタの利用が簡単です。MHLとはモバイル機器向け高速映像伝送用インターフェース。スマホとテレビをHDMIケーブルで接続し、スマホの画面をテレビに映すことができます。

エレコムのMHL変換アダプタ「DH-MHLAD01BK」は実勢価格991円です。千円で動画配信サービスがネット非対応テレビで楽しめます。スマホで動画サービスを再生すると、テレビにも同じ映像が映ります。ただし、画質が劣化してしまうのが難点です。

中華製ドングルレシーバは、スマホの画面をWi-Fi経由でテレビに映せるアイテム。動画配信サービスの映像もネット非対応テレビにキャストして、大画面で楽しめます。映像はWi-Fi経由でキャストするので、Wi-Fi環境が必要。また、動画サイトやテレビとの相性によりミラーリングできないケースもあります。

ネット非対応テレビでアプリを活用

中華製ドングルレシーバにはいくつか種類がありますが、機能はほとんど同じ。実勢価格2千円ほどです。Chromecastは約5千円。できることは同じなので、数千円以内で買える中華製で十分でしょう。

「Fire TV Stick」は動画サービスアプリを本体にインストールして、直接動画サービスをネット非対応テレビ利用できるアイテムです。ミラーリングではないためスマホは不要。また、音楽アプリやゲームも豊富に用意されており、動画サービス以外にも幅広く活用できるのも魅力です。

通常のテレビやBDレコーダーと同じように、付属リモコンから操作可能。機械が苦手な家族も利用しやすいリモコンで操作するので、テレビと同じ感覚で利用できます。Amazonの「Fire TV Stick」は実勢価格4,980円です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事