ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

10万円以下で買えるピクセラ4Kテレビの魅力とは

2018年12月に新4K衛星放送がスタートし、各メーカーからチューナー内蔵型の4Kテレビが投入されています。そんな中、一部で話題になっているのが、デジタル・AV機器メーカーのピクセラ。リーズナブル・小型・多機能という、現代人にぴったりな4Kテレビを立て続けにリリースしています。


10万円以下で買えるピクセラ4Kテレビの魅力とは

ピクセラ4Kテレビはリーズナブル

ピクセラの新4Kテレビ・VMシリーズは、40V型の「PIX-40VM100」(69,800円)、50V型の「PIX-50VM100」(79,000円)がラインアップしています。

2018年に発売した1代目のVPシリーズから大きな変更はありませんが、新型のVMシリーズはサイズがより小さくなっています。VPシリーズの最小サイズは43V型ですが、VMシリーズでは40V型にダウンサイジング。これは、「小さい4Kテレビが欲しい」というユーザーの要望に応えた形で実現したといいます。

設置場所を取らない上に圧迫感も避けられるので、狭い部屋でも導入しやすいでしょう。そして、手を出しやすいリーズナブルさも、VMシリーズの大きな魅力です。

ピクセラ4Kテレビはスマートテレビ

前モデルと同様、VMシリーズはAndroidを内蔵したスマートテレビ。Google Playのアプリでネット動画を視聴したり、ゲームで遊んだりと機能が拡張できます。そんなピクセラのスマートテレビの原点は、2007年に発売した「マルチファンクションテレビ」にあるといいます。

Windows Embedded CE 6.0を内蔵し、WMAの再生やスライドショーができるなど、「テレビ番組を視聴する」以外の可能性を当時からテレビに見出していたピクセラ。その資産を生かして作られたのが、今のピクセラ4Kテレビなのです。

Googleアシスタントの搭載やピクセラ独自のテレビ視聴ランキング「PIXELATVランキング」などの機能も盛り込まれています。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事