ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

「Netflix」のマニアックな裏コードは何を表示?

クオリティの高いオリジナル作品が充実していると人気の有料動画配信サービスが「Netflix(ネットフリックス)」です。なんと10万本前後の作品が揃っています。そんな膨大なコンテンツには、まだ見たことのない知られざる名作が眠っているかもしれません。そんなNetflixにはマニアックな裏コードがあるのです。


「Netflix」のマニアックな裏コードは何を表示?

Netflixのジャンルには裏コード

Netflixは「国内ドラマ」「海外ドラマ」「ドキュメンタリー」のように、作品はジャンルやカテゴリーで整理されています。これにはタグが利用されており、それぞれコードが割り当てられているのです。

そこで、このコードに任意の数字を入力すれば、思わぬ動画ジャンルを見つけられるというわけ。適当な数字を入力しても「一致するタイトルは見つかりませんでした。」と表示されます。そして、マニアックなジャンルの数字が「裏コード」というわけです。

Netflixの裏コード入力は、まずはホーム画面に並ぶジャンルを選択します。この時、選択するジャンルは何でも構いません。ここで表示されるURLの「netflix.com/browse/genre/」の末尾にある数字が、ジャンルと紐付けされたコードになります。ここに裏コードを入力するのです。

Netflix官能サスペンスの裏コード

Netflixの裏コードは武術映画が「8985」、コミック・スーパーヒーローが「10118」、軍隊・戦争系アクションが「2125」、大人向けアニメが「11881」、邪悪な映画が「6998」、官能的なラブロマンスが「29281」、官能サスペンスが「972」です。

このほか、素人の探偵・捜査が「108258」、ゾクゾクする超常現象ホラーが「90850」、ソード・サンダルが「108263」、切り裂き魔・連続殺人鬼映画が「8646」、壮大なスケールの作品が「52858」、カルト的人気の映画が「7627」となります。

さらに、変わり種の裏コードに、高評価が「100095」、ダークが「100037」、前向きな気持になるが「100058」、凝った映像が「100076」、気骨があるが「100044」、議論を呼ぶが「100036」です。

■「Netflix」おすすめ記事
Netflixほか動画サービス「同時視聴」何台まで?
Netflixほか動画サービスの視聴履歴の削除方法
Netflixアメリカ版のコンテンツを視聴する方法
NetflixでR18作品を探せる隠しコードとは?
Netflixに眠る大人向け作品を表示する裏コマンド
Netflixで英語学習するためスロー再生する方法

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事