ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

4K動画をチューナーなしのまま最速で楽しむ方法

新4K8K衛星放送が始まったのは2018年12月。しかし、1年経った今も4K放送を楽しめる人は限られています。というのも現行の4Kテレビにすら、肝心の4Kチューナーが搭載されていないケースもあるため。4Kテレビはあるけどチューナーを持っていない…そんな人が4K動画を最速で楽しむ方法を紹介しましょう。


4K動画をチューナーなしのまま最速で楽しむ方法

4K動画は動画配信サービスがお手軽

せっかく4Kテレビを持っているので、4K放送を楽しむために4Kチューナーや4K対応のBDレコーダーの購入を検討している人も多いはず。しかし、価格面でも製品ラインアップでも、まだ様子見したいところです。

ここで忘れてならないのは、4K動画は4K放送だけではないこと。NetflixやYouTubeでも4K作品は視聴可能。むしろ手っ取り早く4K動画を堪能したいなら、こうした動画配信サービスを使うのが最も手軽でしょう。

そして、そんな4K動画を快適に楽しむためにオススメなのが動画視聴用の「FireTV Stick 4K」です。動画配信サービスアプリが元からテレビにインストール済みの場合でも、あえて「Fire TV Stick 4K」を導入すべきです。

4K動画が楽める十分なラインアップ

「Fire TV Stick 4K」は主要な動画配信サービスに対応し、4K動画を手軽に映し出すことが可能。主な対応アプリは、Amazonプライム・ビデオ/Netflix/Hulu/DAZN/AbemaTV/GYAO/dTV/niconico/Paravi/ TSUTAYA TV/U-NEXT/Firefox for Fire TV/スカパー!オンデマンド/FOD/Spotifyミュージック/ビデオパス/テレビ東京ビジネスオンデマンド/DMM.com…ほかです。

とりあえず4K動画を楽しみたいなら十分なラインアップでしょう。実際、Netflixにはオリジナルの4K作品が揃っています。過激かつハイクオリティな4K動画が楽しめるのです。

「Fire TV Stick 4K」のプロセッサはQuadCore 1.7GHz、GPUはIMG GE8300、ストレージは8GB、オーディオはDolby Atmos/7.1サラウンド対応/2chステレオ、最大5.1chのHDMIオーディオパススルーとなっています。

音声認識はAlexa対応音声認識リモコン、入出力端子はHDMI出力/micro USB(電源用)、出力は2160p(4K)/1080p/720p(最大60fps)です。実勢価格は6,980円となっています。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事