ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

チューナーなしで4K動画が楽しめる各種デバイス

テレビが4K時代に突入したのは2018年12月。しかし、当初は4Kテレビにすら肝心の4Kチューナーが搭載されていないことがほとんど。4Kテレビはあるけどチューナーは持っていない…そんな4K難民が、4K動画をすぐに楽しむならデバイスの導入が簡単。チューナーなし4K動画を楽しむためのデバイスを紹介しましょう。


チューナーなしで4K動画が楽しめる各種デバイス

ゲーム機で各種配信サービス4K動画

チューナーなしで4Kコンテンツを手軽に楽しむなら「Fire TV Stick 4K」がおすすめ。4K対応作品数の多さや操作性の高さ、実勢価格6,980円という安さから、ほかの方法に比べて圧倒的に優位といえるでしょう。

ただし、4K動画を楽しめるのは「Fire TV Stick 4K」だけではありません。代表的なものでは、ソニーやマイクロソフトのゲーム機があります。ゲーム以外に各種動画サービスに対応しており、4K動画も視聴可能です。

他にもGoogleやアップルのテレビ出力用デバイスも4K対応しています。Fire TV Stick 4Kよりも値は張りますが、例えばAppleTVやChromecastであれば「iTunes」、PlayStation 4 Proなら「PlayStationVideo」と、それぞれのデバイスごとに利用できるサービスが違うこともポイントです。詳しく見ていきましょう。

「Chromecast」は、元はAndroidスマホの画面をテレビ出力するためのデバイスでしたが、最新版「Chromecast Ultra」では4K出力に対応しています。スマホで視聴可能なほとんどのサービスを利用可能。Androidユーザーならスマホから操作できるというメリットもあります。実勢価格は9,720円です。

アップル独自の4K動画をレンタル

「AppleTV 4K」は、アップルのセットトップボックス(STB)。第5世代から4K出力に対応し、NetflixやAmazonプライム・ビデオといった動画配信サービスが視聴できます。さらに、アップル独自のコンテンツストアであるiTunesを利用でき、見放題ではないものの、他にはない作品が購入・レンタルできることもメリットでしょう。実勢価格はストレージ32GBが21,384円、64GBが23,544円です。

「PlayStation4 Pro」はPS4の最上位機種。通常のPS4とは異なり4K解像度のリッチなゲームが楽しめます。動画配信サービスも視聴可能で、4K動画やVR動画にも対応。独自サービスの「PlayStation Video」は4K動画は配信されていませんが、シリーズの全話パックなどの割引があります。実勢価格は43,178円です。

マイクロソフトのゲーム機でも4K動画は楽しめます。4Kゲームのプレイは上位機種の「XboxOne X」が必要ですが、4K動画であれば「XboxOne S」でOK。動画配信サービスはスポーツ系や海外系のものが多いものの、本体に4K対応のBDプレーヤーを搭載しており、ゲームはもちろん格安のプレーヤーとしても活用できます。実勢価格は30,895円(『Minecraft』同梱版)です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事