ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Netflixで官能的な作品だけをリストする裏ワザ

映画・ドラマ・アニメと、クオリティの高いオリジナル作品が充実している有料動画配信サービス「Netflix(ネットフリックス)」が人気です。作品数は非公表ながら、10万本前後の作品が勢ぞろい。そんな膨大なコンテンツ群から見たい作品を探すのは至難の業です。そんな、Netflixには官能作品だけを表示する裏コードがあります。


Netflixで官能的な作品だけをリストする裏ワザ

Netflixで官能作品が楽しめるジャンル

Netflixのジャンルには数字のコードが設定されています。URLの一部にこの数字を入力すると、なかなか見つからないレアなジャンルにもすぐにアクセスできるので覚えておくと便利です。

具体的には、NetflixのウェブサイトのURLの最後に「www.netflix.com/browse/genre/数字コード」と追記します。すると、目的のジャンルが表示されるというわけです。

さっそく、Netflixで官能作品が楽しめるジャンルの数字コードを見ていきましょう。まず「官能ヒューマンドラマ」は794、「官能サスペンス」が972です。

Netflixの官能的なラブロマンス作品

「官能的なラブロマンス」が29281、「官能的なラブロマンス映画」が35800、「高い評価を得た官能的な映画」が6782、「映像に凝った官能的な映画」が1837となります。

このほか「高い評価を得た官能的なヒューマンドラマ」が2593、「官能的なアクション・アドベンチャー」が2383、「情熱的な犯罪映画」が993です。ただし、ジャンルによっては該当作品がなく、作品がリストされない場合もあります。

なお英語表記ですが、ブラウザChromeのアドオン「FindFlix」でもジャンルを絞り込むことができます。アドオンを導入して「FindFlix」を開くとジャンル名を検索することが可能。「官能的」を意味する「steamy」で検索しましょう。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事