ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ブラウザに記録されたID・パスワードの管理方法

アカウントの乗っ取りや不正ログインから身を守るためには、その手口を知らなければ対策もできません。会社やホテルなどの共用PCで気をつけたいのが、サイトのログインIDとパスワードをWebブラウザに自動的に保存する機能です。ブラウザに保存されるWebサイトのログイン情報の閲覧と削除方法を紹介します。


ブラウザに記録されたID・パスワードの管理方法

ブラウザのID・パスワード閲覧方法

Webサイトを閲覧するためのブラウザには、サイトのログインIDとパスワードを自動的に記憶する機能が搭載されています。登録しておけば、自動入力でワンクリックでログインできるため便利。IDを忘れた時には設定画面から確認できるので、再設定手続きをせずに済むのです。

ただし、会社やホテルなどの共用PCでこの機能を使うのは危険。自分がPCを使用した後に、第三者がそのPCを使ってサイトにアクセスするだけで、自動的にログインできてしまう可能性があるからです。

そこで、ブラウザに保存されたWebサイトのログインIDとパスワードの閲覧方法と削除方法を紹介しましょう。ここでは、代表的なWebブラウザ「Google Chrome」と「Firefox」のID・パスワード管理方法を見ていきます。

ブラウザのID・パスワードを削除

Google Chromeでは、ブラウザ右上の設定ボタンをクリックして「設定」を選択。そこに表示される「パスワード」をクリックします。すると「保存したパスワード」が一覧で表示されるのです。

一覧にはGoogle Chromeに記憶されているサイトとユーザー名、パスワードが一覧で表示。消去するなら右のタブで「削除」を選択します。ブラウザの自動記憶機能を無効にしたいなら「パスワードを保存できるようにする」をOFFに設定しておきましょう。

Firefoxでは、ブラウザ右上の設定ボタンから「オプション」を選択。続いて「プライバシーとセキュリティ」を選びます。ここで「ログインとパスワード」にある「保存されているログイン情報」をクリックすると、ブラウザに記憶されているサイト名・ユーザー名・パスワード・変更日を表示できます。消去するなら画面左下の「削除」を選択します。

また、ブラウザープライバシー画面の「ウェブサイトのログイン情報とパスワードを保存する」のチェックを外すと、ログイン情報は保存されません。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事