ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

メアド入力でパスワード漏洩の有無を調べる方法

ログインパスワードはサービスごとに変えるのが鉄則。とはいえ、覚えるのが面倒でログインパスワードを使い回している人は多いでしょう。しかし、パスワードの使い回しはどこかから漏洩すると、あらゆるアカウントが芋づる式に危険にさらされます。一度、自分のパスワードが漏洩していないか調べてみましょう。


メアド入力でパスワード漏洩の有無を調べる方法

パスワード漏洩をメアド入力で調べる

自分のパスワードが漏洩しているかどうかは、パスワード流出チェックサイト「Have I Been Pwned」で確認可能です。またパスワード漏洩の経路は「Firefox Monitor」で調べられます。

パスワード漏洩の有無をチェックするには「Have I Been Pwned」のサイトにアクセスして、検索ボックスに、ログインで利用しているメールアドレスを入力。「pwned?」ボタンをクリックします。

すると、パスワードが漏洩していない場合は「Good news – no pwnage found!」、漏洩している場合は「Oh no – pwned」と表示されるのです。さらに画面を下にスクロールすると、漏洩したサービスが確認できます。

パスワード漏洩の詳細は、Firefoxのサービス「Firefox Monitor」で、何のデータが漏洩しているかを調べられます。ブラウザはFirefoxでなくでも利用可能。登録しておくと、新たな漏洩があった場合に連絡してくれる機能も付いています。

パスワード漏洩したサービスを表示

具体的な操作方法は、ログインで利用しているメールアドレスを入力して「データ侵害を確認する」ボタンをクリック。すると、パスワードが漏洩したサービスと日時のほか「パスワード・IPアドレス・メールアドレス」など漏洩したデータが表示されるというわけです。

Firefox Monitorから新たな漏洩の通知を受けるには、画面上部の「新しい侵害にあった場合に通知する。」をクリック。Firefoxアカウントを登録すると、漏洩の詳細なリポートや新たな漏洩を通知してくれます。

このほか、Chromeブラウザを使っているなら、拡張機能でパスワード漏洩を監視可能です。「パスワード チェックアップ拡張機能」を使えば、ツールバーに常駐し、入力したパスワードが漏洩していた場合、警告画面が表示されます。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事