ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Wi-Fiジャマーは特定のデバイスだけ切断も可能

携帯電話やWi-Fiなどの電波を遮断して、一時的に使えなくするための装置が「電波ジャマー」です。劇場やホールなどで携帯電話やWi-Fiを抑止するために、無線局の免許を受けて設置されていることもあります。その発展形ともいえるのが「Wi-Fiジャマー」です。狙ったルーターだけを切断できるという、その機能を検証してみました。


Wi-Fiジャマーは特定のデバイスだけ切断も可能

Wi-Fiジャマー自体がアクセスポイント

いわゆる「電波ジャマー」は使い勝手がイマイチという評判が一般的。というのも、電波ジャマーは有効範囲内に入るすべての機器に影響を与えてしまうからです。例えば「携帯電話だけ使えてWi-Fiは切断する」とか「関係者が使うWi-Fiは接続したまま、フリーWi-Fiだけを切断」という細かい調整はできません。

しかし、そんな痒いところに手が届く次世代ジャマーが海の向こうでは開発されていました。さっそく製品を入手してみると、見た目はよくあるモバイルWi-Fiルーター。これが狙ったWi-Fiだけを切断できる通信抑止装置なのです。

内部を見てみると、Wi-Fiモジュール「ESP8266」が組み込まれています。モバイルバッテリーと接続すれば、モバイルWi-Fiルーターの構造そのものです。

Wi-Fiジャマーが本当に使えるかを海外で検証してみました。使用手順はまず、Wi-FiジャマーとスマホをWi-Fiで接続。Wi-Fiジャマー自体がアクセスポイントになっているので、接続先を「pwned」にします。

Wi-Fiジャマーで特定デバイスを切断

そして、ブラウザから「192.168.4.1」にアクセス。「あくまでも実験用機材なので悪用厳禁」という趣旨の警告が出てくるので、同意して次へ進めばセッティングは完了です。

「SCAN」で、範囲以内にあるアクセスポイント(Access Points)や各アクセスポイントに接続されているデバイス(Stations)のリストを表示。MACアドレスまで表示されるようです。

「Attacks」では、SCANで選択したアクセスポイントやデバイスを切断可能。「Beacon」では、偽のアクセスポイントが作成できるようです。

実際、Wi-Fiジャマーで有効範囲内のアクセスポイントを無効化したり、アクセスポイントに接続されている特定のデバイスの通信だけを遮断できました。

Wi-Fiジャマーの電源はmicroUSB給電で、対応電波は2.4GHz帯、有効範囲は半径約数m以内です。サイズ/重さは約50W×60H×10Dmm/約80gとなっています。実勢価格は本体2,014円+送料1,611円の合計3,625円。eBayで購入しました。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事