ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

中居くんも被害のクレジットカード不正利用とは

昨今、ネット通販サイトでの支払いはクレジットカードが基本ですし、実店舗の買い物でもカード派が増加中。クレジットカードは現代人の必需品です。しかし、クレジットカードにまつわる犯罪という負の側面が存在するのも事実でしょう。そこで、クレジットカード不正利用の手口の変遷を見ていきます。


スポンサーリンク
中居くんも被害のクレジットカード不正利用とは

クレジットカード不正利用の手口

クレジットカード不正利用といえば、スキミングによる手口が有名ですが、なんと今から37年前には既に行われていました。「スキマー」と呼ばれるモバイルツールにクレジットカードを通し、磁気情報を盗む手口です。その後もスキマーは無線式になったりと形や場所を変えて進化していきます。

そして、1995年頃には「クレジットカードジェネレーター」が登場し、クレジットカードの番号を自動生成するソフトが流通し始めます。

2004年頃にはクレジットカード会社を装ったメールで、番号を不正に入手する詐欺が乱発。これは現在でもかなり横行していて、あまりにも日常的に起こり続けるため、メールを受け取る側も抵抗がついてきていることでしょう。

クレジットカード不正利用を告白

そして、2009年に登場したのが「クレジットマスター」です。クレジットマスターは、クレジットカードジェネレーターとよく似た手口で、ソフトを使い実在するクレジットカード番号を生成するものです。

このクレジットマスターで、2017年10月に被害が出ています。そのターゲットはなんと、元SMAPの中居くん! 炭酸水の製造マシン31,320円、ハロウィングッズ30個42,120円、テーマパークのチケット37,000円など、合計110,440円が不正利用されたと、自身のラジオで告白しました。

中居くんは普段、通販サイトを使用しないため、クレジットカード会社が異変を察知。早急にカードを停止したため、大事には至りませんでしたが…。セキュリティが万全かと思われていますが、クレジットカード不正利用は今もなお、行われています。しかも、過去の手口が現在も通用してしまうのです。

■「クレジットカード」おすすめ記事
楽天の家族カードなら小額ポイントが合算できる
ダミーのクレジットカード番号が入手できる!
飛行機の遅延補償はクレジットカードを活用
Vプリカは使い方次第で半永久的にタダ見できる
Vプリカは使い方次第でクレカ番号ジェネレータ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事