ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

誤って消去したパソコンのファイルを復元させる

誤って削除したファイルや読み込めなくなったパソコンのHDDは「EaseUS Data Recovery Wizard Free」で復元できる可能性があります。無料版で試しうまくいきそうなら、復元容量が無制限になる有料版に移行しましょう。誤って消去したパソコンのファイルを復元させる方法を見ていきます。


スポンサーリンク
誤って消去したパソコンのファイルを復元させる

復元したいファイルの種類を選択

ファイル復元ソフト「EaseUS Data Recovery Wizard Free」はパソコンのHDDをフォーマットした場合でも、データの痕跡が見つかればファイルを復元することが可能。無料版は500MBまでしかファイルを復元できませんが、SNSでシェアすれば1.5GB分が追加されます。

さっそく、誤って消去したパソコンのファイルを復元させる方法を見ていきましょう。まずはEaseUS Data Recovery Wizard Freeを起動して「紛失したパーティション」を選択。復元可能なファイルのスキャンが始まるので、完了するまで待ちます。

スキャンが終わったら、復元したいファイルの種類を選択。復元したいファイルやフォルダを選択してチェックを入れます。続いて「リカバリー」をクリックして、保存先を指定するのです。

復元すべきファイルをプレビュー

これで誤って消去したパソコンのファイルやフォルダが復元されるはず。ただし、上書きされるなどしてデータの痕跡が完璧に残っていなかった場合は、破損ファイルになってしまいます。

なお、画像や動画ファイルはファイル名を見ても、どれが復元するべきファイルなのか分かりにくいもの。そこで、これらのファイルを復元する場合は「プレビューパネル」を使って、ファイルの内容を確認しましょう。復元できないファイルはプレビューが表示されません。

具体的な操作方法は、ソフト下部のボタンからプレビューパネルを表示。画像や動画ファイルを選ぶとプレビューが表示されるようになります。表示されない場合は、復元できないということです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事