ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ヘッドセットが楽屋の盗聴器となるケースとは?

マイクとスピーカーの間を電波でつなぐのが、ワイヤレスマイク。ケーブルが無いので、自由に動きながらしゃべったり、歌えるのがメリットです。そのメリットの裏側で、プライバシー漏洩の危険性があります。ワイヤレスマイクは電源を切り忘れると盗聴器と同じ。楽屋でのナイショ話が筒抜けになります。


スポンサーリンク
ヘッドセットが楽屋の盗聴器となるケースもある

ワイヤレスマイクは盗聴器と同じ

無線機器であるワイヤレスマイクの電波は、出力が1~10mWと弱いのですが、使用している建物に近づくと漏れてくる電波を受信できます。これを利用したのが“コンサートワッチ”と呼ばれる受信ジャンルです。

コンサートホールで使っているワイヤレスマイクの電波を受信して、アイドルやアーティストの歌声を、コンサート会場に入ることなく聞いて楽しみます。この時、聞こえる声は“ナマ声”と呼ばれるミキサーで加工する前の本当の声。時には粗い息づかいが聞こえたりと、臨場感があるといいます。

しかも、アイドルやアーティストが舞台袖に引っ込むと会場内のスピーカーはオフになりますが、ワイヤレスマイクの電源は入ったまま。マイクで拾った音を電波に乗せて飛ばすのは盗聴器の構造とまったく同じです。つまり、そこでしゃべったことが電波に乗ってすべて聞こえてきます。

ヘッドセットが盗聴器化して筒抜け

特に、アイドルグループなどで使われることの多いヘッドセットタイプのワイヤレスマイクは、着けたままにすることが多いもの。盗聴器化して楽屋での会話が筒抜けということも多々あるのです。また、開始前のリハーサルから受信すれば、音合わせの合間に交わされるプライベートな会話が飛び込んでくることもあります。

ワイヤレスマイクには大きく分けて2つの用途があり、音質を重視したコンサートで使用するタイプと、駅員がホームのアナウンスなどに使う音質を重視しない業務系のタイプです。

音質重視のタイプは特定ラジオマイクという免許を受けて使うもので、A規格とA2規格があります。B規格は免許不要で使えますが、コンサートで使用されるなど、音質重視のタイプです。音質を重視しない業務系は、C規格となります。

■「盗聴器」おすすめ記事
盗聴器の発見方法はハンディ受信機のスキャン
盗聴器が発見される場所を知っていて損はない
盗聴器発見のプロが語るアナログ盗聴の現在
盗聴器の見つけ方!大型トラックで場所を特定
アプリで盗聴器と盗撮カメラを発見するプロ機材
盗聴器の調査はテレビをつけて時報を流してから
非合法な盗聴器の音声から聞こえてくる内容は?
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ
盗聴器の周波数はUHF帯の3波をスキャンする
盗聴はアプリをスマホに入れればできる時代

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事