ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

一般家庭で盗聴器をチェックするべき場所とは?

盗聴器が見つかる場所は一般家庭がほとんど。「自分の部屋が盗聴されている…」と感じたら電波式盗聴器を疑いましょう。簡単に仕掛けられてしまう反面、電波が出ているので盗聴器発見器で探すことができます。一般家庭で盗聴器をチェックするときの心得とチェックするべき場所を見ていきましょう。


スポンサーリンク
一般家庭で盗聴器をチェックするべき場所とは?

盗聴器の調査ではテレビを点ける

受信機や盗聴器発見器で室内を調査する時に、覚えておきたいことが4つあります。1つめは、発見できるのは電波式盗聴器だけということです。ICレコーダーやコンクリートマイクは、電波を発射しないため検知できません。

2つめは、テレビを点けてVOX機能を動作させることです。盗聴器の中には、音声に反応して盗聴波を断続的に発射する、VOX式の盗聴器があります。そこでテレビを点けて音を出し、常に盗聴波が出ている状態にして調査するのです。

3つめは、電話盗聴器は117にかけながら調査することです。通話状態になって初めて電波を発射するのが電話盗聴器。その存在を調べる時は、天気予報の117番などにかけて通話状態を保つ必要があります。

盗聴器の設置場所は絞られてくる

盗聴器を調査する時に覚えておきたいことの4つめは、調査の様子は聞かれていると思うことです。室内を調べている様子は盗聴器の電波で送信されているので、相手に筒抜けになっています。協力者との会話は筆談で行って下さい。

そして、室内の音声を拾うことが目的の盗聴器は、電池式ならそれこそ部屋中どこにでも設置可能です。とはいえ、音声を効果的にキャッチしたり、電源の確保を考えると設置場所は絞られてきます。

夫婦の浮気から遺産相続など、骨肉の争いが絶えないのが一般家庭。仕掛ける側も家に出入りするので、時間をかけてAC電源式の盗聴器をセット可能。電池式でも電池交換が可能なので、集音性を重視して照明器具の上や、季節によってはエアコンの上などに設置したりします。

テレビの裏側、コンセントの中、テーブルの裏側なども盗聴器が仕掛けられやすいポイント。このほか、電話機の中と新聞受けの中もチェックするのが基本です。

■「盗聴器発見」おすすめ記事
盗聴器の発見方法はハンディ受信機のスキャン
盗聴器が発見される場所を知っていて損はない
盗聴器発見のプロが語るアナログ盗聴の現在
盗聴器の見つけ方!大型トラックで場所を特定
アプリで盗聴器と盗撮カメラを発見するプロ機材
盗聴器の調査はテレビをつけて時報を流してから

■「盗聴器」おすすめ記事
非合法な盗聴器の音声から聞こえてくる内容は?
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ
盗聴器の周波数はUHF帯の3波をスキャンする
盗聴はアプリをスマホに入れればできる時代

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事