ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

盗聴器が仕掛けられる場所を知っていて損はない

室内の音声を拾うことが目的の盗聴器は、電源を必要としない電池式ならそれこそ部屋中どこにでも設置可能です。とはいえ、音声を効果的にキャッチしたり、電源の確保を考えると設置場所は絞られてきます。一般家庭、オフィス、ラブホテルとシチュエーション別に盗聴器が仕掛けられる場所を紹介しましょう。


スポンサーリンク
盗聴器が仕掛けられる場所を知っていて損はない

盗聴器が新聞受けに仕掛けられる

一般家庭は夫婦の浮気から遺産相続まで、骨肉の争いが絶えません。盗聴器を仕掛ける側も家に出入りするので、時間をかけてAC電源式の盗聴器をセット可能。テレビの裏側やコンセントの中、電話機の中が仕掛けられやすい場所です。

電池式でも電池交換が可能なので、集音性を重視して照明器具の上や、季節によってはエアコンの上などに設置されます。マンションやアパートの場合、外からセットできる新聞受けの中も盗聴器が仕掛けられやすい場所です。

オフィスの盗聴は、産業スパイのような社外の人間が仕掛けるのではなく、社内の人間が行うケースが多いもの。人間関係、労使問題、内部告発など、企業も多くの問題を抱えているからです。

オフィスの場合、会議室は出入りが自由なので、机の裏側などに電池式を仕掛けても電池交換が可能。盗聴器の回収もできます。ホワイトボードや額縁、掛け時計の裏側も盗聴器が仕掛けられやすい場所。電源タップ型の盗聴器も仕掛けられます。

盗聴器が仕掛けられる操作パネル

愉快犯による盗聴器に狙われ続けるのが、ラブホテルの客室です。1人で部屋に入り、時間をかけて入念にAC電源式の盗聴器を仕掛けていきます。特に危険なのが、ベットの操作パネル内部です。

AC電源式の盗聴器を仕掛けてしまえば、半永久的に音声をまき散らします。ベット脇のコンセント内部も仕掛けられやすい場所。テレビやAV機器の裏側、照明の中なども盗聴器が仕掛けられやすい場所です。

盗聴器は建物に仕掛けられて動かないというイメージですが、移動する盗聴器が存在します。それは人間に仕掛けられた場合です。例えば、飛び込み営業の新人セールスマンの胸ポケットにペン型の盗聴器を入れて、飛び込み営業に行かせるケース。営業の様子を、付近で待機している教育担当係が受信しているのです。

また、ホテルで客と一定の時間、2人きりになるデリヘル嬢は危険なアルバイト。客の様子を探るために、デリヘル嬢のバッグに盗聴器を忍ばせておき、ホテルに送り届けた送迎スタッフが客とのやりとりを聞いているのです。しばらく受信して危険がないと判断したら、送迎スタッフは事務所に戻ります。

■「盗聴器」おすすめ記事
非合法な盗聴器の音声から聞こえてくる内容は?
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ
盗聴はアプリをスマホに入れればできる時代
iPhoneは自動録音アプリで盗聴器になる危険
コンクリートマイクを実際に壁越しで試してみた
盗聴器の発見方法はハンディ受信機のスキャン
盗聴器の見つけ方!大型トラックで場所を特定
アプリで盗聴器と盗撮カメラを発見するプロ機材
盗聴器の調査はテレビをつけて時報を流してから

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事