ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

IC付近のラブホテル盗聴波に混じるノイズとは

高速道路のインターチェンジ付近は、盗聴器の電波が飛び交う場所としてよく知られています。その理由は、ラブホテル街が存在しているケースが多いため。何者かによって仕掛けられた盗聴器の電波がよく発見されるのです。ただし、インターチェンジ付近で盗聴器の電波を探すにはちょっとした注意点があります。


スポンサーリンク
IC付近のラブホテル盗聴波に混じるノイズとは

盗聴器の電波が発見されやすい場所

高速道路のインターチェンジは街から離れた所にあるため、風俗営業法の適用を受けるラブホテルが建てやすい場所。全国的にインターチェンジ付近にラブホテル街が存在しているのには、そんな理由があります。

そして、ラブホテルは盗聴器の電波が発見されやすい場所。おそらく愉快犯によるものでしょう。操作パネルの中などにセットされたAC電源式の盗聴器が、室内の音を垂れ流しているケースがよく見られます。

ただし、インターチェンジ付近での盗聴器の電波探しにはコツが必要です。というのも、長いモービルアンテナとハンディ受信機の組み合わせで盗聴器の電波を探そうとすると、ノイズまみれになってしまうのです。

じつは高速道路のインターチェンジは2005年9月末までは、日本道路公団が高速道路を管理。沿線には383MHz帯のアナログ無線が割当てられていました。

盗聴器の周波数の受信に支障が出る

盗聴器で使われる周波数は、ほとんどがUHF帯の3波(398/399MHz帯)です。383MHz帯とは周波数が離れていたため、これまでは影響を受けることなくインターチェンジ付近のラブホテル街で盗聴器の電波を見つけることができました。

ところが、日本道路公団がNEXCO3社に分割民営化されると、399MHz帯のデジタル無線に変更。同一周波数帯になったUHF帯の盗聴器の周波数は、インターチェンジ付近での受信に支障が出るようになってしまったのです。

ヤワなハンディ受信機はデジタル無線の電波を強力に受けてしまいます。このため、インターチェンジ付近のラブホテル街で、盗聴器のUHF帯の周波数3波でスキャンが止まっても早合点しないこと。ハンディ受信機用のアンテナに付け替えるなどして、慎重に受信する必要があるのでした。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事