ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

退職者がオフィスに盗聴器を仕掛ける事例が増加

現在、盗聴器は年間30万~40万台ほどが販売されるといわれています。しかし、盗聴発見業者によって発見されるのはそのうちのわずか5%程度。発見される盗聴器は、電波を発するタイプのアナログ盗聴器を使ったケースがほとんどです。そして今、増加しているのがオフィスを狙った盗聴器だといいます。


退職者がオフィスに盗聴器を仕掛ける事例が増加

オフィスに盗聴器が仕掛けられる理由

昨今、オフィスを狙った盗聴被害が増加しています。オフィスには企業機密が存在するので、情報を盗み出したいニーズも高いのでしょう。

しかし、セキュリティに厳しい現在、社内に侵入するのは至難の技です。警備の目を盗み外部から侵入し、盗聴器を仕掛けるのはハードルが高いといえます。そこで、最近は次のようなケースが増えていると盗聴発見業者は話してくれました。

「退職して独立したり、ライバル社に転職した人間が元の会社に盗聴器を仕掛けていく事案が増加。退職した後も同じ業種の仕事をする人が多いので、元の職場から情報を盗み出そうとするのでしょう。他には、出世争いや派閥争い、私怨から盗聴器を仕掛けるケースもあります」というのです。

ビジネスグッズに擬装された盗聴器

また、別の盗聴発見業者は「小さな会社は営業マンが出かけると、社長と女子社員が2人きりというところも。そうなると、社長と社歴の長い女子社員が不倫しているなんてことがよくあるんです。そこで、社長の奥さんが会社に盗聴器を仕掛けるケースがあります」といいます。

最近では、オフィスに置いても気づかれにくい電卓、置き時計、傘といったビジネスグッズに擬装された盗聴器も広く流通しています。実際、電卓型の盗聴器は外見からは全くといっていいほど分かりません。外装を開けると小型のマイクが仕込まれているのです。

一般家庭やホテルに次いで、オフィスは盗聴器が発見されることの多い場所。大事な企業機密の流出を守るために、定期的な備品のチェックは必要でしょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事