ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

コンクリートマイクにICレコーダー搭載の新製品

コンクリートマイクとは、壁の向こう側の音を聞くためのスパイグッズ。円柱状の集音マイクを当てて、壁に伝わる音声の振動をピックアップして増幅して音声化するのがコンクリートマイクです。そんなコンクリートマイクに、ICレコーダー機能を搭載して録音できるタイプが登場しました。


スポンサーリンク
コンクリートマイクにICレコーダー搭載の新製品

コンクリートマイクで録音まで完結

コンクリートマイクは、壁の向こうの音をコップを逆さに当てて聞くという、昔ながらのスパイの情報収集テクニックと原理的には大差ありません。ただし、専用に開発された電子機器のため、壁の振動を電子的に増幅してクリアに音声化します。

そんな壁越しに隣の部屋の音を集音できるコンクリートマイクに、ICレコーダー機能を搭載したタイプが登場しました。それがケイヨーSPの「MW-55」です。音声はアンプの内蔵メモリに保存され、付属のUSBイヤホンで再生します。

これまでのコンクリートマイクを使った調査時には、録音するためにICレコーダーを別途用意しなければなりませんでした。それがMW-55なら1台で録音まで完結するというわけ。探偵の浮気調査などに力を発揮しそうです。

コンクリートマイクの録音データ

コンクリートマイクはマイクからの入力端子とイヤホンの出力端子を本体上部に設置。さらに、本体前面には電源ボタン、録音ボタン、再生ボタンの3つを装備しています。

本体の録音ボタンを押して、本体上部の録音ランプが赤く点灯したら録音開始。録音した音声の再生には、付属のUSBイヤホンを使用します。このUSB端子から録音データをパソコンにバックアップすることも可能です。

このコンクリートマイクの保存形式はMP3で、内蔵メモリは2GBとなっています。サイズ/重さは66W×87H×23Dmm/124g(本体)、32φ×19Hmm/48g(マイク)。実勢価格は42,120円です。

■「コンクリートマイク」おすすめ記事
コンクリートマイクを実際に壁越しで試してみた
集音マイクを壁に当てるコンクリートマイクとは

■「盗聴器」おすすめ記事
盗聴はアプリをスマホに入れればできる時代
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ
盗聴器から漏れてくる音声はどんな内容が多い?
盗聴器の発見方法はハンディ受信機のスキャン
盗聴器の調査はテレビをつけて時報を流してから
盗聴器の見つけ方がわかるセルフチェックの手順
盗聴器発見に知っておきたい無線式と有線式の違い
盗聴器発見器は3つのモードを使って追い詰める

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事