ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

コンクリートマイク最高級機の音声はココが違う

誰しも我が家は落ち着くものです。しかしマンションやアパートの場合、壁1枚を隔てたところには、全くの他人が住んでいます。不審な物音が聞こえてきたり、人の出入りがやけに激しいと不安になるところ。そこで役立つのが、コンクリートマイクです。コンクリートマイク最高級機の実力に迫りました。


スポンサーリンク
コンクリートマイク最高級機の音声はココが違う

コンクリートマイクはプロ用機器

さて、そもそもコンクリートマイクとは何かを簡単に説明しましょう。人間の声などの音は空気を振動して伝わります。この音声の振動は壁に当たると、振動が壁に伝わるのです。

コンクリートマイクは、この壁に伝わったその振動を拾って音声に変えることができる装置。コンタクトマイクを壁に接触させて振動を拾い上げます。ICレコーダーをライン入力で接続すれば、録音も可能です。

本来、コンクリートマイクは探偵が調査のために活用しているプロ用機器。最近では中華製の安価な製品も多く出回っています。そんな中、コンクリートマイク最高級機として君臨し続けるモデルがあるのです。

コンクリートマイクがノイズカット

それが、調査用機材メーカー・サンメカトロニクス製のコンクリートマイク「F-999R」です。価格は約10万円となっています。はたして、その実力とはいかほどのものなのでしょうか?

F-999Rには、4段階で切り替え可能な音声フィルター機能を搭載しています。「0」はノーマルで、「1」は低音域、「2」は高音域、「3」は音声域帯を強調させることが可能です。

「0」を選択していると「ゴーーーー」というノイズが聞こえていたものが、「3」に切り替えるとそのノイズがカットされ会話がグッと聞きやすくなります。これは安価なコンクリートマイクではマネできません。ロングセラーなのも納得です。

■「コンクリートマイク」おすすめ記事
コンクリートマイクを実際に壁越しで試してみた
集音マイクを壁に当てるコンクリートマイクとは

■「盗聴器」おすすめ記事
盗聴はアプリをスマホに入れればできる時代
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ
盗聴器から漏れてくる音声はどんな内容が多い?
盗聴器の発見方法はハンディ受信機のスキャン
盗聴器の調査はテレビをつけて時報を流してから
盗聴器の見つけ方がわかるセルフチェックの手順
盗聴器発見に知っておきたい無線式と有線式の違い
盗聴器発見器は3つのモードを使って追い詰める

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事