ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

古いスマホを監視カメラとして再活用するアプリ

機種変更で使わなくなったスマホを二束三文で売ったり、その辺に放置しておくのはもったいない話。古いスマホを監視カメラとして再活用できる無料アプリを紹介しましょう。現在、利用中のメインスマホを映像確認用のモニターとして利用可能。監視カメラシステムは古いスマホを使えば無料で構築できます。


スポンサーリンク
古いスマホを監視カメラとして再活用するアプリ

古いスマホを監視カメラに再活用

自宅の防犯対策に監視カメラを導入したいけど、予算がネックという人も多いでしょう。それならば、使わなくなった古いスマホに無料アプリをインストールしてを監視カメラに再活用しましょう。

現在使用しているスマホにも監視カメラアプリをインストールすると、無料で監視カメラシステムが構築できます。設置場所にWi-Fi(無線LAN)があればOK。大容量のモバイルバッテリーで給電すれば場所を選びません。

「Alfred Camera」は、2台のスマホをインターネットで接続する監視カメラアプリ。同一のGoogleアカウントでログインすれば、どれだけ離れていても監視が可能。片方のスマホで電源が減ると警告する機能もあります。

また、この監視カメラアプリはiOSとAndroid両OSに対応しているのもポイント。OSの異なる端末同士でも利用可能です。

古いスマホを監視カメラ映像を確認

無料アプリ「AtHomeCamera」シリーズでも、監視カメラシステムは構築できます。古いスマホに「AtHomeVideoStreamer」をインストールして、監視したい場所に設置。利用中のスマホには「AtHomeCamera」を導入して映像を受信します。

古いスマホをターゲットが映る位置にセット設置したら「QRコードに生成」をタップ。このQRコードを使って、メインスマホと接続します。

そのメインスマホでは「利用開始」をタップしてメールアドレスとパスワードを登録して初期設定。メイン画面が表示されたら「採集端末添加」を選択します。ここでカメラが起動するので、監視用の古いスマホに表示されているQRコードを読み込ませるというわけです。

メイン画面に戻ると、監視カメラが追加されているので選択。監視カメラとして設置した古いスマホからの映像をリアルタイムで確認できます。なお、モニター画面下の「収録」ボタンをタップすると、MP4形式での録画が可能です。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事