ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察官の階級章の見方を覚えて職務質問に備える

警察官の左胸に付けているのが階級章。形はほぼ同じですが、ラインの数と輝きでその階級がわかるようになっています。職務質問を受けたときにチェックすべきは、この警察官の階級章。職務質問を受けて話がこじれたら、階級が上の警察官と交渉した方が事態を納めやすいからです。


スポンサーリンク
警察官の階級章の見方を覚えて職務質問に備える

警察官の階級章は派手なほど偉い

警ら中の警察官は2名で行動しています。その際、職務質問を執拗に続行するかは、その現場の責任者である上官の気持ち次第。警察官を見たら左胸の階級章を確認しておくことが大切です。

警察官の階級章は「地色」と下の「草の色」、左右の「バー」で階級を示すもの。階級章の簡単な見方をいうと、派手であるほど偉くなります。階級が1番下の「巡査」の階級章は最もシンプルで、地は銀色、葉も銀色、横のバーは1本です。

ワンランク上の「巡査長」になるとバーが2本に増えます。バー3本は「巡査部長」。そして、その上の階級になると今度は葉の色が銀から金に変わります。葉の色が金でバーが1本だと「警部補」、2本だと「警部」、3本になると「警視」です。

職務質問するのは銀一色の階級章

さらに階級が上になると、階級章は地が金色に変更され、バーが1本で「警視正」、2本で「警視長」、3本だと「警視監」になります。日本の警察官の中でたった1人しかいない「警視総監」は、その上。肩章に日章を4個付けることになります。

キャリアと呼ばれる警部補からスタートする警察官は職務質問などしません。また、ノンキャリアで昇進してきた警部補は、交番や自ら隊の現場で活動しますが、交番所長や小隊長になり書類仕事が多く、第一線で活動する機会は減ってしまいます。

現場に立って積極的に職務質問してくるのは、銀一色の階級章を付けた巡査部長・巡査長・巡査です。特に交番勤務で実績を上げて勤務成績優秀者にならないと、巡査部長への昇任試験を受けさせてもらえない巡査は、必死で職務質問してくるわけです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事