ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

駐禁ステッカーは事情を話すと剥がしてくれる?

駐車監視員が繁華街を巡回する光景は今や日常的。駐車監視員による駐禁の取り締まりは駐禁ステッカーを貼ったのち、ナンバーから判明したクルマの持ち主に放置違反金を払わせて終わります。そんな駐車監視員が貼る駐禁ステッカーは、やむを得ず路上駐車した事情を話すと剥がしてくれるのでしょうか?


スポンサーリンク
駐禁ステッカーは事情を話すと剥がしてくれる?

駐禁ステッカーを剥がすのはムリ

路上駐車してクルマへ戻ったら、駐車監視員がフロントガラスにちょうど駐禁ステッカーを貼ったところ。やむを得ずどうしても路上駐車した事情を説明し、駐禁ステッカーを剥がしてもらうことはできるのでしょうか?

答えは、絶対ムリ。剥がせるのは、そのクルマの運転者や管理者のみ。駐車監視員には、いったん貼った駐禁ステッカーを剥がす権限がありません。勝手に剥がしたら警察から大目玉を食らってしまいます。ただし、駐禁ステッカーが貼られる直前であれば、セーフとなることがほとんどです。

駐車監視員による駐禁の取り締まりは、ナンバーから判明したクルマの持ち主に連絡が行きます。それでは、ナンバープレートを外したりガムテープで覆ったりして隠すとどうなるでしょう?

警察官が臨場して駐禁ステッカー

国土交通省によれば、ナンバーの表示義務は駐車中のクルマにはないといいます。駐車してから前後のナンバーを被覆して隠せば理論上、駐車監視員は手を出せません。しかし、駐車監視員は警察に連絡するはずです。

それでは、前後のクルマの間にピタリと駐車してナンバーが見えない場合はどうでしょう。そもそもナンバーが見えないほど前後のクルマに挟まれたら、そこから移動できません。駐車監視員は悪質と見るか、異常として関わりを避けるのでしょうか。

こうした特異な状況の場合、やはり駐車監視員は警察に連絡するはず。警察官が臨場すれば、前後のクルマの運転者に青キップを切って移動させ、真ん中のクルマのナンバーを見えるようにして駐禁ステッカーを貼る可能性があるでしょう。

なお、路上駐車は渋滞や事故の原因となります。くれぐれも駐禁ステッカーが貼られることがないよう、交通ルールをしっかり守りましょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事