ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察官の配属希望「警務部」に殺到する理由とは

捜査の最前線ではなく内勤部署でありながら、配属希望者が殺到している警察の部署が「警務部」です。警察の警務部とは、総務や広報、会計を担当する部署。警視庁や大阪府警などのように総務部として独立させて設けているところもあります。警察官の配属希望が警務部に殺到する理由を見ていきましょう。


スポンサーリンク
警察官の配属希望「警務部」に殺到する理由とは

警務部は配属希望が殺到する人気

警察官には現場志向が強いイメージがあります。警務部は事務を担当する内勤部署ということもあり、警察官には敬遠されると思われがち。しかし、実は配属希望が殺到する人気部署なのです。その理由は、出世に影響することにあります。

ノンキャリアの警察官が昇任するには、年に1回の昇任試験に合格しなければなりません。昇任試験の受験資格は、警視庁であれば巡査部長の試験を受けるのにⅠ類(大卒程度)採用者なら1年、Ⅱ類(短大卒程度)は3年、Ⅲ類(高卒程度)なら4年以上の勤務実績が必要です。

警部補の試験なら巡査部長としてⅠ類は1年、Ⅱ類は2年、Ⅲ類で3年以上の実績が必要。さらに警部なら採用区分に関係なく警部補として4年以上の実績がいります。ノンキャリアが警部補までに上り詰めるには、その度に昇任試験が必要です。

警務部の中でも出世コースが人事課

一部では勤務を特別体制にしてもらうなどの昇任試験に配慮がなされることもありますが、多忙な部署にいては思うように時間はとれません。その点、警務部はほぼ定時で勤務が終了し、休日出勤もまれな部署。十分に確保できるというわけです。

そんな警務部の中でも、特に出世コースといわれているのが人事課。人事は組織にとって重要なポジションを占めるため、警察でも警察庁から派遣されたキャリアが務めることが多い部署です。

また、警視庁においては課長職は通常、警視か警視正が就くのに対し、人事課だけはその上の階級である警視長が任命されます。キャリアでも人事課に派遣された警察官は、警察庁に戻っても出世コースを歩むことが約束されているようです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事