ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察ドラマで描かれない捜査一課刑事の仕事とは

誰でも一度は憧れる刑事という職業。しかし、多くの人が抱くイメージの大半は、警察ドラマによって作られたものがほとんどでしょう。そこで、元警視庁捜査一課刑事にリアルな仕事を教えてもらいました。捜査一課の刑事は何日も家に帰れないこともしばしば。人によっては2~3か月帰らないこともあります。


スポンサーリンク
警察ドラマで描かれない捜査一課刑事の仕事とは

捜査一課刑事の1日の仕事の流れ

何日も家に帰れないケースは「特に捜査一課に関しては多いかもしれません。ただ、帳場(捜査本部)が立つと、捜査一課でも捜査二課でも、部署に関係なく家には帰らなくなるんじゃないですかね」といいます。

「署に泊まれば、通勤にかかる時間を体力回復に当てられますし、家に帰れば新聞記者が待ち構えていることもあるので、それを回避するという意図もあると思います」というのです。

具体的に、事件従事中の捜査一課刑事の1日の仕事の流れを見てみましょう。まずは朝8時半から捜査会議が1~2時間。その日の捜査方針や前日までに収集した情報を整理するための会議です。

捜査一課刑事は22時から捜査会議

そして、10時半から捜査一課の刑事は捜査に当たります。日が出ているうちは各自が担当した受け持ちとなっている捜査を実施。聞き込みだったり、尾行だったり、張り込みだったりと事件内容や捜査状況によりさまざまです。

22時になると捜査会議が2~3時間。その日の捜査結果を各捜査員が報告し合い、今後の捜査方針や捜査内容を検討します。

24時からは個人業務が1~2時間。個人で行う各種書類の作成を行ったり、その日1日の捜査結果を整理するのです。日によっては捜査会議の流れで、署内にて仕事の打ち合わせを兼ねた酒席が持たれることもあります。

業務終了は深夜2時ごろ。業務の終了時間は個人やその日によってまちまちです。24時頃に終わることもあれば翌朝5時、6時ということもあります。ただし、翌日の開始時間が8時半というのは変わりません。

■「捜査一課刑事」おすすめ記事
鑑識の仕事!立場は捜査一課の刑事と同じだった
鑑識が現場に駆け付けるのが刑事より早い理由
捜査一課の刑事の仕事はドラマほど派手じゃない
捜査一課の刑事と所轄の刑事がコンビを組む理由
捜査一課のほかに警察の刑事には何課あるのか?

■「刑事」おすすめ記事
覆面パトカーが張り込みに使われることはない
覆面パトカーでもマグネット式赤色灯なら捜査用
マル暴刑事が暴力団員と趣味が似てくる理由
マル暴刑事が語る暴力団の取り調べテクニック

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事