ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

マル暴刑事が語る暴力団の取り調べテクニック

マル暴とは、広域指定暴力団や外国人犯罪などを扱う刑事部捜査第4課のこと。警視庁では刑事部捜査第4課から独立し、組織犯罪対策部第4課になっています。そんなマル暴で30年以上、暴力団と対峙してきた元刑事に、マル暴刑事と暴力団の関係を語ってもらいました。



スポンサーリンク
マル暴刑事が語る暴力団の取り調べテクニック

マル暴の取り調べにもテクニック

マル暴の刑事でも、ミイラ取りがミイラになった者も見てきました。なので私は「借りは作らない」「取り引きはしない」「甘やかさない」を肝に命じていました。彼らは甘やかすと、とことんつけ上がります。

だから徹底的に取り締まって顔を売るんです。「マル暴のあの刑事は甘くない」と。でもただ厳しいだけではダメで、マル暴の取り調べにもテクニックがあります。それは、彼ら暴力団員は普段、人間扱いされない面があるので人間として扱ってやることです。

まずは下調べして、母子家庭だったら家族関係のネタに弱いなとか相手の弱いところを把握するんです。その上でシビれるセリフをいうんですよ。

例えば「我々は人を憎まず罪を憎んでるんだよ。あんただって同じ人間だ。切れば赤い血が出るんだろ。法律には血も涙もないけど、そこに血を入れるのがオレの仕事なんだよ」とかね。

マル暴の仕事は教師のようなもの

マル暴だけに危険な目に遭ったこともありますよ。一斉捜索かけた時に、腕を撃たれてギョク(弾丸)が貫通した同僚もいます。

あるホテルの1室で暴力団員がチャカ(銃)の売買をやるという情報をつかんで、ガサ状(捜索差押許可状)を持って行ったんですけど。なかなか扉を開けないからバールや電ノコで破りました。

マル暴の仕事は分かりやすくいうと、徒党を組んでイキがる生意気な生徒を更生させる教師のようなものでしょうか。物事の善し悪しを彼らに徹底的に教え込む役割でしたから。

彼らがスゴんできたら、今でも一喝してやります。まだまだ彼らには負けませんよ(笑)。この情報は『ラジオライフ』2015年2月号に掲載されていました。

■「マル暴」おすすめ記事
マル暴刑事が暴力団員と趣味が似てくる理由

■「刑事」おすすめ記事
覆面パトカーが張り込みに使われることはない
覆面パトカーでもマグネット式赤色灯なら捜査用

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事