ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

マル暴刑事が暴力団員と趣味が似てくる理由

30年以上、マル暴として暴力団と対峙してきた元刑事。時折り見せる鋭い眼光は、退官したとはいえものすごい迫力です。そんな元刑事に、マル暴刑事と暴力団の関係を語ってもらいます。じつはマル暴刑事は趣味が暴力団員と似てくるのだとか。その理由が明らかになります。



スポンサーリンク
マル暴刑事が暴力団員と趣味が似てくる理由

マル暴の刑事がコワモテのワケ

残念ながら今は、若い警察官でもマル暴を希望する者が減っています。暴力団は恐いというイメージがあるんでしょう。最近は組織対策部に入る予定の新任警察官でも、3分の1くらいしかマル暴を希望する者がいません。ほとんどが第5課の麻薬関係に行きたがります。昔は華でしたが寂しいものです

マル暴の刑事といえば、暴力団員さながらのコワモテというイメージですが、それにはワケがあるんです。例えば、某広域指定暴力団では「デカと接触してはいけない」というルールがある。破ると処分されてしまいます。

私たちマル暴刑事と情報交換のために接触した時に、あれはどこのモンだ?と他の者に思わせるための配慮です。まあ元々、暴力団員と趣味が近いというのもあります(笑)。

マル暴刑事の行きつけ革製品店

例えば、暴力団員とマル暴刑事しか客がいないといわれる、行きつけの革製品店が東京・浅草にあります。クラッチバッグやベルトなんかの小物をそこで買うんですが、暴力団員と欲しい物が似てるというか似てくるんですよね。

その店の従業員から、どこの組の誰が来たとか情報をもらうためでもあるんですが。でも、そういう情報をもらうためにはタダというわけにはいかない。しっかり客になってお店の人と関係性を築くんです。

暴力団員は見栄っ張りが多いですから、私がみすぼらしい服を着てて「1着、買ってあげますよ」なんて彼らにいわれたら負け。支給された4~5万円のビラ(背広)でもピシッとしてると「さすが、マル暴の刑事さんは違いますな~」といわれるんです。この情報は『ラジオライフ』2015年2月号に掲載されていました。

■「マル暴」おすすめ記事
マル暴刑事が語る暴力団の取り調べテクニック

■「刑事」おすすめ記事
覆面パトカーが張り込みに使われることはない
覆面パトカーでもマグネット式赤色灯なら捜査用

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事