ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

要人警護でSPが上着のボタンを外している理由

自らの身の危険を顧みず、要人の身辺警護の重責を担うのが「SP」です。要人警護を行うSPの制服はスーツでビシッと決めるのが基本。髪型も七三分けが主流で、現在は坊主やスポーツ狩りも増えましたが、さすがに長髪姿はいません。そんなSPが要人警護で上着のボタンを外している理由を見ていきましょう。


スポンサーリンク
要人警護でSPが上着のボタンを外している理由

セキュリティポリスを略してSP

要人を担うセキュリティポリスは、略して「SP」とも呼ばれます。SPは「警視庁警備部警護課」に所属する警官を指しており、その他の本部では「警備隊員」「身辺警戒員(PO)」などと呼ばれて区別されています。

SPは要人の側にいるのですから、当然身なりには気をつける必要があります。スーツにネクタイは当たり前で、ネクタイはSPの文字デザインが抜かれた赤色。クールビズの普及にともない夏場はノーネクタイも認められています。

そんなかっちりした服装のSPにあって、要人警護では上着のボタンをはずしているのが通常。これは、いざというときに素早く腰や脇に携帯している拳銃や特殊警棒などの装備品を取り出すためです。

SPの拳銃は小型オートマチック

そんなSPが愛用するといわれる拳銃が「SIG P230JP」。SIG社製の32口径小型オートマチックで、1995年頃から配備開始されました。SP専用ではなく、一部の制服警察官や私服警察官にも支給されています。

このほか、SPに配備されているのがグロック社製の大型ハンドガン「グロック17」。軽量なポリマーフレームや、扱いやすいトリガーセーフティなど独自の仕様を備えています。

また、警察官の無線用イヤホンといえばPチャンイヤホンがよく知られていますが、SPは半透明のカールコード型イヤホンセットを採用。首の後ろから耳に通してかけると、ツウっぽく見えるでしょう。

■「要人警護」おすすめ記事
要人警護のSPがスーツのボタンをとめない理由
要人警護でSPがこっそり無線通話するテクニック

■「警察官」おすすめ記事
警察官の拳銃は国産の「サクラ」が現行モデル
警察官の給料は同じ公務員でも金額がちょっと上
よくある警察キャリアとノンキャリの確執はウソ
警察官は階級で国家公務員か地方公務員か変わる
警察官の制服は「夏服・合い・冬服」3種が基本
警視庁と警察庁は何が違う?警察組織を理解する
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事