ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

高速隊のパトカーの事故は新人教育中に多かった

高速道路や有料道路でパトカーや白バイによる取り締まりを行うのが、高速道路交通警察隊(高速隊)です。高速隊のパトカーなどの車両は「分駐」と呼ばれる現場事務所に配備されています。そんな高速隊では、パトカーによる自損事故が意外に多いとか。高速隊のOBにその実態について話を聞きました。


スポンサーリンク
高速隊のパトカーの事故は新人教育中に多かった

覆面パトカーは身を潜めて走行する

高速隊では「覆面パトカーは第1通行帯を大型トラックの前で身を潜めて走っています。前を見ながらも、追い上げてくる違反車がいないか後方警戒。第2通行帯を走っているクルマも携帯電話を使っていないかとかチェック」しているといいます。

そして「新人が入ってくると、ベテランがハンドルを握りながらいろいろ教えます。取り締まりの現場というのはケースバイケース。なので、いろいろ見せて取り締まり方を覚えさせます」と話してくれました。

「私は教える方でしたが、昔は一切教えないで『見て覚えろ!』という職人気質の人もいました。新人隊員への教育はしっかりとやりますが、頃合いを見計らってハンドルを握らせると、まぁいろいろやってくれます」というのです。

高速隊は速度違反車を追い上げない

それが、高速隊での速度違反の取り締まり。「速度違反車を見つけても、すぐに車線変更をして追い上げていくと気づかれますから、間合いをとってから車線を変更して追尾します」と話します。

「でも、こっちは80km/hで走っていたわけですから、150km/hで走っている違反車に追いつくためには、相手以上のスピードを出さないと追いつけない。そうなると事故ることもありますよ」というのです。

「覆面パトカーなら赤灯を下げれば一般車ですが、黒白パトカーが事故っていると目立ってしょうがない。レッカー車が来てカバーをかけるまではさらし者です」と話してくれました。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事