ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

当直明けの演奏もある「警察広報」の仕事とは?

警察の広報担当は、秘匿性の高い警察組織で唯一、外向けの“窓口業務”を引き受けています。具体的には、防犯教室や未解決事件の情報提供の呼びかけなど犯罪抑止のためのPR活動と、マスコミを通じて事件の情報を市民に届けるのが主な仕事です。警察広報のお仕事について詳しく見ていきましょう。


スポンサーリンク
当直明けの演奏もある「警察広報」の仕事とは?

警察広報は高い対人能力に捜査経験

広報業務を一括して管理しているのは、警察本部の総務部もしくは警務部の広報担当部署。名称は広報課、広報室、広聴広報課など警察本部で異なります。ちなみに、本部部署の広報担当はナンバー2である次長、署単位では副署長です。

警視庁広報課の場合、広報第一係が課内の庶務や他官公庁との連絡、広報資料の収集、音楽隊の派遣事務などを担当。広報第二係は記者クラブに加盟するマスコミへの報道連絡や便宜供与、報道記事の収集を行います。

広報第三・四係は報道以外の放送メディア、雑誌、映画などの制作担当への対応。広聴係は警察への苦情や意見、要望を受け付けます。警視庁広報センターは警察博物館の管理・運営。警視庁音楽隊は警察PRイベントへ出演しています。

重大事件などでは、詳しく報じたい記者側と情報を明かしたがらない捜査側を調整することも広報担当の役目です。高い対人能力に豊富な捜査経験を持つ人材が広報には求められます。

警察広報は当直明けに派遣演奏も

警察は一般的な広報活動にも力を入れています。年頭視閲式などの定例行事に加え、交通安全教室、警察音楽隊の演奏会などのイベントはほぼ年中開催。最近では、Twitterの公式アカウントで犯罪の最新手口や不審者情報をツイートする県警も増えてきました。

いずれも、市民の防犯意識を高めると同時に犯罪抑止が狙い。統計には表れませんが、草の根的な広報活動が犯罪を未然に防いでくれているのかもしれません。

主な警察広報の例としては「音楽隊の派遣演奏」があります。多いところでは、年100回ほどのステージをこなす警察音楽隊。訓練や演奏の時以外は、本部や警察署で勤務しており、当直明けに派遣演奏が入ることもあります。

「交通安全教室・防犯教室」も警察広報のお仕事です。聴衆はほとんど子どもか老人。そのため、先生役の警察官は人形やイラスト、楽器を使うなど工夫を凝らします。中には落語で講義するツワモノもいるのです。

■「警察広報」おすすめ記事
警察広報は秘匿性の高い組織で唯一の窓口になる

■「警察」おすすめ記事
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
警察官は階級で国家公務員か地方公務員か変わる
警察用語で「まぐろ」と「たたき」は何の意味?
警察官の制服は「夏服・合い・冬服」3種が基本
警察の特殊部隊「SIT」と「SAT」の違いとは
よくある警察キャリアとノンキャリの確執はウソ
警察官の給料は特殊手当で公務員よりちょっと上
警視庁と警察庁は何が違う?警察組織を理解する

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事