ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

白バイが狙っている取り締まりやすい信号とは?

白バイは交通違反の取り締まりが専門の交通機動隊の中でも、白バイ隊員だけが乗ることができる乗り物。日々の練習で磨いたテクニックで違反者を追いかけます。また、マシンの性能やテクニックだけではなく、管轄の町を知り尽くしているのが白バイ隊員。白バイが狙っているのは取り締まりやすい信号です。


スポンサーリンク
白バイが狙っている取り締まりやすい信号とは?

白バイが獲物を狙う効率のよい信号

道路を熟知している白バイ隊員は、ドライバーの心理さえ手玉に取って日々、違反キップを切っています。そして、一般道には白バイ隊員が獲物を狙うのに“効率よい”信号があるというのです。

元白バイ隊員は「信号には取り締まりやすいタイミングがあります。例えば、青信号が連続した後に通過するギリギリで黄色から赤に変わる信号が設置されている場所」と話します。

人間の心理として、青信号が連続する見通しのいい幹線道路でクルマがスピードに乗っていると、ギリギリで信号が黄色から赤に変わっても突っ込んでしまいがち。白バイ隊員はそこを見逃しません。

白バイ隊員が狙う違反しがちな信号

「特に次の信号がまだ青だと無理して突っ切って行ってしまう人が多い」といいます。その際、信号が変わったことを運転手に自覚させるため、クルマが停止線に入る手前でサイレンを鳴らす念の入れよう。「しまった」と思った時には手遅れです。

また、元白バイ隊員は「最近のドライバーはナビに頼り過ぎていますね。ナビが指示する信号の1つ手前で右折して一方通行に入ってしまう人も多いような…」とも話します。

カーナビが普及してからナビに頼りっきりのドライバーが増えたため、交通違反も増えました。例えば、慣れていない道路をナビの右左折の指示を読み違えて1つ手前の信号で右左折禁止エリアに入ってしまう事例も多いといいます。

特に渋滞している場所では、ナビの指示よりも手前の信号で右左折してしまいがちです。ナビに頼りきりの人は気を付けたいところ。白バイ隊員は交通違反をしがちな信号を各自、頭に叩き込んでいるのでした。

■「白バイ」おすすめ記事
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
白バイは車種によって交通取り締まり性能が違う
白バイが月末に躍起になって動いていたら要注意

■「交通違反」おすすめ記事
一時停止違反は証拠がないと警察は立証できない
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
免許の点数が交通違反で「減点される」は間違い
交通違反の赤キップと青キップの違いとは?
オービスが作動する速度違反は何キロオーバー?

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事