ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

白バイの車種で取り締まり危険度を判別する方法

交通取り締まりをする警察車両のなかでも白バイは異色の存在。後方の死角から忍び寄るなど高度な運転技術を兼ね備えた白バイは、なるべく遭遇したくないものです。そんな白バイの車種で、交通違反の取り締まり危険度を判別する方法を紹介しましょう。



スポンサーリンク
白バイの車種で取り締まり危険度を判別する方法

白バイならではの交差点Uターン

ホンダのVFR800Pは、先代のVFR750Pに代わり2001年の導入から2008年まで調達された現役最古参の白バイ。片持ちスイングアーム「プロアーム」の採用と、V型4気筒エンジンの組み合わせはレーサーライクな乗り味です。

軽量でコンパクトな車体は取り回しにも優れています。白バイならではの交差点でUターン→追尾も得意で、対向車線にいたとしても注意が必要です。

ホンダのCB1300Pは、成熟したVFR800Pの後継機として2009年に導入開始。直列4気筒エンジンを搭載したホンダの白バイは、1986年のCBX750P以来になりますす。

ごく一部に配備されたGL1500Pを除けば、ホンダ初の1,000ccを超える全国配備の白バイです。ベース車がツアラーなので、VFR800Pよりもホイールベースが長く、車重も増加。マイルドな乗り心地になっています。

ホンダの白バイCB1300Pはマイルドな走り

白バイ隊員からも不評な車種とは

2004年採用のGSF1200Pは、1980年のGSX750P以来のスズキの白バイ。全国配備された初の1,000ccオーバーの白バイとなります。

この点は話題になったものの、白バイとして完成の域に達していたVFR800Pのライバルにはなれずに、白バイ隊員からも不評な車種。そのためか、最近は見かけることも少なくなっています。

ヤマハのFJR1300Pは2014年の採用。1993年のFZ750Pから数えて、22年ぶりのヤマハの白バイとなります。少数が警視庁と福岡県警に配備されている希少な白バイです。

市販車で289kgの車重は、白バイ装備でさらに増加。この条件で白バイ隊員からの支持が厚い、ホンダ白バイの牙城を崩せるかがポイントでしょう。この情報は『ラジオライフ』2015年6月号に掲載されていました。

スズキの白バイ

ヤマハの白バイ

■「白バイ」おすすめ記事
白バイが潜む場所!取り締まり神業テクニック
白バイが月末に躍起になって動いていたら要注意
交通違反で白バイ隊員に狙われやすい信号とは?

■「取り締まり」おすすめ記事
スピード違反取り締まり現場は5部体制だった
速度違反の取り締まりは0と8の付く日が多い
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!
新東名の取り締まりは3つある分駐所付近に注意
飲酒運転の取り締まりで使われる待ち伏せテク

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事