ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

白バイ隊員がこっそり教えるセコイ交通違反狩り

白バイ隊員がこっそり教えるセコイ交通違反ベスト3を紹介しましょう。1つは「黄色線での追い越し」、2つめは「原付きの2段階右折無視」、そして3つめは「整備不良者を捕獲」です。白バイ隊員にはノルマがあります。月末にはとくに注意しましょう。



スポンサーリンク
白バイ隊員がこっそり教えるセコイ交通違反狩り

白バイ隊員が教えるセコイ違反

交通機動隊にはノルマがあり、月末はセコイ違反を狙うといいます。白バイ隊員によると「まずは片側一車線をゆっくり走って黄色線で無理な追い越しをする運転手を狩ります」とのことです。

この交通違反狩りは、覆面パトカーを夜に駆り出して行うことが多いとか。法定速度ギリギリか、マイナス10kmぐらいで走行すると後ろに付いたクルマやバイクはイライラします。

わざとゆっくり走ってイライラしたクルマが黄色線で追い越した瞬間、捕獲。バイクが追い越していくケースが多いので、その瞬間に赤色灯を回して捕まえると白バイ隊員は教えてくれました。

白バイ隊員は交差点の端で待機

次に多いのは、原付きバイクの2段階右折狩り。「大きな交差点で右折してくる原付きバイクを待って、取り締まりの準備をします」。そのまま走り去られることも多いので、白バイを稼働して待機するそうです。

交差点を2段階右折せず入っていく原付きをチェック。その時、白バイ隊員は交差点の端で待機していることが多いようです。

最後は、「テールランプの電球切れなど整備不良を狩りまくります。これ、意外にクルマを運転する方は気付いてないので注意して下さい。実際はバイクに多いんですけどね」。

テールランプ切れなど、ちょっとした整備不良を捕まえる。いい訳できないのが悔しいところです。月末はこれらに特に注意しましょう。この情報は『ラジオライフ』2016年6月号に掲載されていました。(文/ジャンクハンター吉田)

■「白バイ隊員」おすすめ記事
白バイが潜む場所!取り締まり神業テクニック
交通違反で白バイ隊員に狙われやすい信号とは?
白バイの車種で取り締まり危険度を判別する方法
白バイが月末に躍起になって動いていたら要注意

■「交通違反」おすすめ記事
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
交通違反の赤キップと青キップの違いとは?
交通違反で白バイ隊員に狙われやすい信号とは?
交通違反の取り締まりが月末に多い理由はノルマ
交通違反の点数は減点ではなく加点するシステム
交通違反見逃しは素直にサインさせるテクニック

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事