ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

職務質問では警察官に狙われやすい服装がある?

やたら職務質問されるという人も多いのでは? 警察官職務執行法で「異常な挙動その他周囲の事情から合理的に判断して何らかの犯罪を犯し、若しくは犯そうとしていると疑うに足りる相当な理由のある者」という規定があります。そんな職務質問では警察官のターゲットになりやすい服装や髪型があるのでした。


スポンサーリンク
職務質問では警察官に狙われやすい服装がある?

職務質問するように徹底されている

職務質問する側の警察官には各自治体ごと、つまり警察署ごとに職務質問の対象者用のマニュアルやルールが存在。例えば、東京都千代田区エリアは2008年の秋葉原通り魔事件以降、迷彩柄の服装で大きなバッグの所持者は職務質問のターゲット。ちょっとでも怪しそうであれば職務質問するように徹底されています。

警視庁の自動車警ら隊所属していた元警察官によると「基本的には、挙動が不審な人に行います。例えば、警察官と目が合った瞬間に視線を逸らす人、方向を変えてしまう人などです。大体は、身なりや目の動きで判断します」と話します。

そして、職務質問のターゲットとなりやすい特徴もあります。例えば「長髪または金髪の人」は、まともな職業人ではないと推測されるからです。「やせている人」は薬物常用の疑いが考えられます。

職務質問のターゲットになる服装

このため、長髪や金髪で頬がこけているミュージシャン風の人は職務質問のターゲットとなりやすいというわけです。「上下の服の季節感がバラバラ」という服装も薬物常用の疑いがあるため、職務質問のターゲットとなります。

このほか「目深な帽子とマスク」は窃盗の疑い、「迷彩柄の服とアクセサリー」は武器など危険物所持の疑い、「大きなバッグ」は危険物所持&住居侵入の疑いがあるため、職務質問のターゲットになるのです。

クルマであれば「高級車なのに汚い」など、だらしがない車両は職務質問のターゲットになりやすいといいます。薬物常用などで心が乱れていると嫌疑がかけられるからです。この場合、自分のクルマじゃないので愛着が無くて汚したままにしたり、整備に出せないなどの理由から窃盗車の疑いもあります。

■「職務質問」おすすめ記事
職務質問は任意だが拒否し続けると現行犯逮捕!?
警察の職務質問でやってはいけないNG行動2つ
職務質問は警察官の階級章で話す相手を見極める
職質の「照会」で自分がどんな容疑かを知る方法

■「警察」おすすめ記事
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
警察官は階級で国家公務員か地方公務員か変わる
警察用語で「まぐろ」と「たたき」は何の意味?
よくある警察キャリアとノンキャリの確執はウソ
覆面パトカー追尾や検問を警察無線から知る方法

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事