ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

白バイの主力モデルと最新モデルの見分け方とは

白バイは所轄の交通課にも配備されますが、その多くは交通機動隊の所属。日々の練習で磨いた高度なテクニックで違反車を追いかける、まさに交通取り締まりの主役といえる存在です。そんな白バイの現役モデルは主に4車種あります。それぞれの外観的な特徴と走行性能について見ていきましょう。


スポンサーリンク
白バイの主力モデルと最新モデルの見分け方とは

白バイの主力モデルはハーフカウル

現在、白バイの主力モデルとなっているのはホンダの「CB1300P」。外観的には白バイとしてはやや迫力に欠ける、ハンドルとヘッド部分のみが覆われたハーフカウルが特徴です。成熟したVFR800Pの後継機として2009年に導入開始されました。

CB1300Pはベース車がツアラーのため、旋回性能よりも直進安定性に重点を置いた設計。VFR800Pよりもホイールベースが長く、排気量も車重もアップしています。車体の取り回しはマイルドな印象です。

白バイの最新モデルは、2014年に採用されたヤマハの「FJR1300P」。1993年の「FZ750P」から数えて、22年ぶりのヤマハ製の白バイになります。30台が警視庁と福岡県警に配備されているほか、いくつかの県警で導入されているようです。

両サイドに配置される警光灯は回転灯がこれまでの白バイの定番でしたが、FJR1300PはLEDの点滅灯を採用。ただし、両サイドに赤色回転灯を装備した新型モデルも登場しています。

現役最古参の白バイは猫目ライト

さまざまなボックスが取り付けられたFJR1300Pの後ろ姿は、まるで宇宙船のような風格です。ただし、市販車で289kgの車重は白バイ装備でさらに増加。この条件で白バイ隊員からの支持が厚い、ホンダの白バイの牙城をなかなか崩せないのが現状です。

現役最古参の白バイが「VFR800P」です。2001年の導入から2008年まで調達されました。フルカウルに猫目のヘッドライトが印象的な外観です。軽量でコンパクトな車体は取り回しにも優れていて、白バイならではの交差点でUターンからの追尾も得意です。ただし、その姿を見かける機会は少なくなっています。

さらに「GSF1200P」は2004年採用ながらもっとレアな白バイ。ハーフカウルに組み込まれた赤色灯が特徴で、戦隊モノのバイクのようにも見えます。全国配備された初の1,000ccオーバーの白バイながらVFR800Pのライバルにはなれずに、白バイ隊員からも不評でした。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事