ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

赤色灯の下に白い箱がないパトカーは何が違う?

白黒パトカーと一口に言っても、大きく交通取り締まり用とパトロール用に分かれます。中でも気を付けるべきは交通取り締まり用の白黒パトカー。おもに交通機動隊や高速隊が使用しています。そして、白黒パトカーが交通取り締まり用かどうかを見分けるポイントが、赤色灯の下に白い箱があるかどうかです。


スポンサーリンク
赤色灯の下に白い箱がないパトカーは何が違う?

交通取締り用パトカーはハイパワー

白黒パトカーには交通取り締まり用の「交通取締四輪車」と、パトロール用の「無線警ら車」があります。そして、交通取り締まり用のパトカーを使うのは、交通取り締まりを専門とする交通機動隊や、高速道路を担当する高速道路交通警察隊です。

交通取り締まり用は高速走行時に風の影響を受けないように、パトカーのルーフに赤色灯が直接載っていることが最大の特徴。エンジンも3,000ccのハイパワーモデルで、乗員にも追尾・スピード測定の技量が備わっています。

このように、交通取り締まり用のパトカーは同じ白黒パトカーでもパトロール用とはまったくの別物。とくに夜間は発見が遅れ、追尾された赤色灯で取り締まりに気づくということもよくあります。

最新の白黒パトカーはパワーアップ

さらに、最新のトヨタ・210系クラウンの交通取り締まり用の白黒パトカーは、排気量が3,500ccにパワーアップ。稲妻型のフロントグリルといった、パトカーらしからぬ精悍な“顔つき”でも見分けられます。

一方のパトロール用の白黒パトカーは、赤色灯の下に白い箱を搭載。箱の中には、停車中のパトカーへの追突事故防止のための赤色灯昇降装置のアームが収納されています。使用するのは、自動警ら隊や警察署の地域課です。

文字どおりパトロール用の白黒パトカーではありますが、エンジンは2,500ccあるのでそれなりの加速性能を持っています。ただし、追尾式のスピード取り締まりは不得手。とはいえ、不審者への職務質問や信号無視などの交通違反の取り締まりには注意が必要です。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事