ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

目撃情報が相次ぐ「レーザーパトカー」の取締り

白黒パトカーの中には、ルーフ上の赤色灯の中央部に白い箱型のレーダー式の速度測定装置を搭載したタイプが存在。とくに北海道警察で多く見られるのは、冬の寒い時期に屋外でネズミ捕りをするのが酷だからといわれています。ところが今、レーザー式の測定装置を搭載したパトカーが増えているのです。


スポンサーリンク
目撃情報が相次ぐ「レーザーパトカー」の取締り

レーザー式を搭載しているパトカー

レーダーパトカーに代わって目撃情報が増えているのが「レーザーパトカー」。レーザー式の速度測定装置を搭載したパトカーになります。速度測定器は、東京航空計器が製造する「LSM-100」です。

レーザー式の速度測定というと新型オービスが思い浮かぶところ。レーザー式のオービスとしては半可搬式の「LSM-300-HK」「LSM-100-K」、可搬式の「LSM-300」の存在が確認されています。

一方、レーザーパトカーの速度測定装置は、レーダー式と同様に赤色灯の中央部に設置されています。レーダー式との違いは、レーザー式は白い箱に黒っぽい開口部があること。開口部は正面か後方のどちらかに向いています。

レーザーパトカーは路肩で待ち伏せ

この開口部に設置されているのが、レーザースキャンセンサーとカメラです。開口部の右側に設置されたレーザースキャンセンサーで車両の速度を測定。オービスのようにカメラは付いていますが、その場で違反キップを切るスタイルです。

実際の取り締まりでは、レーザーパトカーは路肩などの物陰に駐車してスピード違反のクルマを待ち伏せ。レーザー式の測定装置でスピード違反を確認すると、すぐに追尾して停車させるという流れです。

レーザーパトカーが目撃されているのは、北海道や沖縄県、静岡県などごく一部の地域になります。とはいえ、レーダー式の速度測定装置を使うには無線の免許が必要ですが、レーザー式は不要。レーザーパトカーの動向から目が離せません。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事