ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

白バイ隊員が交差点で狙っている交通違反は何?

白バイ隊員が交差点でじっと待機している姿を見かけたことがあるはず。それは、交通違反が起きやすい信号だからです。交通取り締まりを専門とする交通機動隊の中でも、道路を熟知しているのが白バイ隊員。その白バイ隊員が待ち伏せする信号では、いったいどんな交通違反が狙われているのでしょうか。


白バイ隊員が交差点で狙っている交通違反は何?

白バイ隊員は赤信号を見逃さない

実は一般道には白バイが交通違反を狙うのに“効率よい”交差点があります。その1つが「タイミングのよい交差点」。青信号が連続した後に通過するギリギリで、黄色から赤に変わる信号が設置されている場所です。

青信号が連続する見通しのいい幹線道路でクルマがスピードに乗っていると、信号が黄色から赤に変わってもドライバー心理としてつい突っ込んでしまうもの。白バイ隊員はそこを見逃しません。

白バイ隊員が待機するのは、ちょうど黄色から赤に変わる信号を確認できる位置。信号が赤に変わったことを運転手に認識させるため、クルマが停止線に入る手前でわざわざサイレンを鳴らします。気づいた時にはすでに手遅れです。

白バイ隊員はカーナビの裏を突く

最近のドライバーはカーナビに頼り過ぎの傾向があります。慣れていない道路でカーナビの右左折の指示を読み違えて、1つ手前の右左折禁止エリアに入ってしまうケースもあるとか。白バイ隊員は、そうしたカーナビの裏を突いた交差点でも待ち伏せしているのです。

特に渋滞している道路では、カーナビの指示よりも手前で右左折してしまいがち。白バイ隊員は、そのような交差点を各自でしっかり頭に叩き込んでいます。カーナビに頼りきりの人は気を付けたい交通違反です。

白バイ隊員が待機している交差点では、原付きの2段階右折無視の交通違反を狙っていることもあります。大きな交差点で右折してくる原付きバイクを左側の交差点からチェック。2段階右折無視の原付きをそのまま追尾するわけです。

■「白バイ」おすすめ記事
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
白バイの車種でわかる交通違反取り締まり危険度
白バイが潜む場所!取り締まり神業テクニック
白バイの車種で取り締まり危険度を判別する方法

■「交通違反」おすすめ記事
一時停止違反は証拠がないと警察は立証できない
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
免許の点数が交通違反で「減点される」は間違い
交通違反の赤キップと青キップの違いとは?
オービスが作動する速度違反は何キロオーバー?

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事