ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

車載式レーザー搭載パトカーを見分けるポイント

白黒パトカーには、車載式のレーダー速度測定装置を搭載した車両が存在。ルーフ上の赤色灯の中央に白い箱型の装置で、ネズミ捕りのように待ち伏せしてスピード違反車を取り締まります。そんなレーダー搭載パトカーに加えて今、車載式のレーザー測定装置を搭載した白黒パトカーが増えているのです。


車載式レーザー搭載パトカーを見分けるポイント

レーザーパトカーには黒い開口部

レーザー式の速度測定というと、全国で目撃情報が増えている新型オービスが思い浮かぶところ。特に、三脚の上に設置できる東京航空計器のレーザー式オービス「LSM-300」が各地に導入されています。

そして、レーダーパトカーに代わって目撃情報が増えている「レーザーパトカー」に搭載されている速度測定器も、同じく東京航空計器が製造しているもの。型番は「LSM-100」になります。

レーザーパトカーの速度測定装置が設置されている場所は、レーダー式と同じように赤色灯の中央部。レーダー式との見分け方は、レーザー式には白い箱に黒っぽい開口部があること。開口部は正面か後方のどちらか一方です。

レーザーパトカーは探知できない

スピード違反の取り締まりでは、レーザーパトカーは路肩などの物陰に駐車します。レーザー式の測定装置でスピード違反を確認すると、すぐに追尾して停車させるという流れ。速度測定器の開口部には速度を測定するレーザースキャンセンサーのほかにカメラも設置されていますが、その場で違反キップを切るスタイルです。

そもそもレーダー式の速度測定装置を搭載したパトカーによるスピード違反の取り締まりで、レーダーを照射するのはほんの一瞬。レーダー探知機で事前察知することはできませんでした。

加えて、レーザーパトカーの速度測定装置を探知できる装置はまだ存在していません。スピード違反の取り締まりはますます神出鬼没になっていきます。常に制限速度を守って安全運転を心がけましょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事