ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ネズミ捕り現認係がヘッドセットを装着する理由

警察官自らがその場でスピード違反を捕まえる有人式取り締まりで気を付けたいのが「ネズミ捕り」です。複数の警察官を配置して、連携プレーで違反車を捕獲するネズミ捕りは、スピード違反の検挙数が最も多い取り締まりです。そんなネズミ捕りで速度測定器で待機する現認係はなぜヘッドセットを装着しているのでしょう。


ネズミ捕り現認係がヘッドセットを装着する理由

物陰に潜んでいるネズミ捕りの現認係

警察による速度違反のネズミ捕りにはレーダー式と光電式がありますが、構成はほぼ一緒。速度測定器付近に待機する「現認係」と違反車両を止める「停止係」、違反キップにサインさせる「取り調べ係」という3班体制が基本です。

現認係は、レーダー式や光電式で車速を測定する装置の背後の物陰に潜んでいます。ドライバーに悟られないよう、周囲の色とマッチしたジャンバーを着用していたり、路肩の植え込み内に潜んでいたりするのです。

そして、現認係はヘッドセットを装着。違反速度の設定値以上とクルマが測定されるとヘッドセットで「ピー」という音が鳴る仕組みになっています。すると、現認係はすぐさまヘッドセットのマイクでサイン会場に対象車両のナンバー、クルマの種類、色、車線などの特徴を伝達するのです。

最低2人以上で待機している停止係は「停止旗」を使い、身振り手振りで違反ドライバーに停止するように指示します。万が一、逃走車が出た場合にすぐさま追えるよう、近くに白バイを待機させているのが通常です。

ネズミ捕りが多いアンダーパスや陸橋

ネズミ捕りで捕まったドライバーは、違反事実に署名するための場所である通称「サイン会場」へと誘導。サイン会場は長机とパイプ椅子だけで作られた簡易的なものから、マイクロバスの車内が会場として使われるケースもあります。

取り調べ係というのはサイン会場で、違反事実を認めさせキップを切る係。他にもごねたドライバーをいなしたり、否認した時に調書を作成したりもしますから、言葉巧みな人が配置される傾向にあるようです。

このように、ネズミ捕りには現認係が隠れられて、停止係が路上に出ても危険でなく、さらにサイン会場が設置できるスペースも必要ということ。ネズミ捕りが行われる道路は、ある程度限られてくるものです。

このため「信号と信号までの間が長い直線区間」「頭上を高速道路などが走るアンダーパス」「長い陸橋」などで出没するケースが多いといわれています。また、都市部では交通量が少ない休日の午前、郊外では平日の日中が狙われるようです。

■「ネズミ捕り」おすすめ記事
警察のネズミ捕りを事前に察知する4つの情報源

■「速度違反」おすすめ記事
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
オービスが作動する速度違反は何キロオーバー?
オービスの主流「LHシステム」は赤色灯が目印
オービス検知アプリは新型オービスにもすぐ対応
新型オービス対応のレーダー探知機は何が違う?
オービスの種類と特徴はしっかり頭に入れておく
Nシステムは通過車両のナンバーを撮影し続ける
レーダー探知機のおすすめを比較テストで選ぶ

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事