ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警視庁パトカーに書かれた記号にはどんな意味?

警視庁の白黒パトカーにはフロントとリアガラスの片隅に、自車の所属を示す「漢字+数字」の記号を表示しています。この記号は無線のコールサインと共用しているので、屋根にも同じような記号を記載。そこで、警視庁のパトカーに書かれている「漢字+数字」の読み方を見ていきましょう。


警視庁パトカーに書かれた記号にはどんな意味?

警視庁パトカーはガラスに記号を表示

他県にならえば、東京都警察本部になる警視庁は、管轄内に102の警察署があります。各警察署には複数台のパトカーが配備されて、24時間態勢で警ら。これに本庁所属の自動車警ら隊や交通機動隊などが加わるので、都内はパトカーだらけといえるでしょう。

このため、警視庁パトカーのフロントガラスとリアガラスには、所属を示す「漢字+数字」の記号を表示。屋根にも描かれた記号は対空表示と呼ばれ、警察ヘリコプターからの視認性を高めるためのものです。各道府県警のパトカーでも見られます。さっそく、警視庁パトカーの記号の読み方を見ていきましょう。

まず警察署の地域課のパトカーの表記は「所属署名」と「通し番号」の組み合わせ。漢字で表記されるのは所属する警察署の名称です。すなわち地名が書かれていれば、所轄の警らパトカーになります。数字は1から始まる通し番号。車体が入れ替わっても番号は継承されます。

警視庁の交通機動隊のパトカー表記

このほかの警視庁パトカーは基本的に「所属の隊」と「通し番号」の組み合わせです。自動車警ら隊のパトカーなら、具体的には「112」などという表記。最初の「1」は第一自動車警ら隊、「2」は第二自動車警ら隊を示し、下2ケタが通し番号です。

交通違反取り締まり専門の交通機動隊のパトカーは「六交機9」といった表記。漢数字の「一」から「十」は各方面の交通機動隊の隊名を示します。台東区や荒川区、足立区で活動する「第六方面交通機動隊」の通し番号「9」ということです。

遊撃特別警ら隊は「遊撃1」といった表記です。遊撃特別警ら隊は地域総務課所属で2個中隊で編成。職質に精通した警察官が常務しています。

高速道路交通警察隊のパトカーは「高速31」といった表記です。高速隊は新富と八王子に分駐所がありますが、1隊編成のため所属の隊に数字の表記はありません。「31」の部分が通し番号です。

■「警視庁」おすすめ記事
警視庁のパトカーにある「漢字+数字」の読み方
防犯ブザーにもなる警視庁アプリがリニューアル
警視庁と警察庁は何が違う?警察組織を理解する

■「警察官」おすすめ記事
キャリア警察官とノンキャリアの収入面の差は?
警察官の給料は特殊手当で公務員よりちょっと上
ノンキャリアの警察官の厳しい出世競争と退職金
警察官は階級で国家公務員か地方公務員か変わる
警察官の制服「冬服・合服・夏服」使用期間は?
婦警さんが合コンに職業を隠して参加する理由

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事