ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察が発表している広報文は何が書かれている?

警察広報文を取材協力者に送っていたとして、新聞記者が懲戒処分を受けたというニュースが話題になりました。警察は記者クラブにのみ、事件・事故の情報提供を行っています。警察の広報文は一般には公開されないもの。そんな記者クラブに情報提供する警察広報文には何が書かれているのでしょう。


警察が発表している広報文は何が書かれている?

警察広報文でクレジットが複数表記

警察は記者クラブに情報提供する際は「広報文」と呼ばれるペーパーを参照しながら、記者の取材を受けています。この警察広報文について解説しましょう。

まず広報文の右上には日付とクレジットが入ります。クレジットは事案を担当する部署もしくは警察署。複数表記されていれば合同捜査です。重大事件や広域にわたる窃盗事件の場合などに多く見られます。

クレジットの下の中央に書かれているのは「題」です。同じ容疑者の余罪や関連する犯罪の続報は「第2報」「第3報」として発表されます。

続いて、警察広報文に並ぶのが「逮捕月日・場所・罪名・逮捕種別」。逮捕場所が警察署になるケースは、余罪で再逮捕されたか、任意同行された後に署内で自白して逮捕されたケースがほとんどです。

警察広報文に被疑者情報と被害者情報

その下に書かれているのが「被疑者情報」です。逮捕された人物の住所、職業、氏名、生年月日を表記。詳細な住所や生年月日を載せない県警も多くあります。ただし、記載していなくても、記者クラブで広報担当者が口頭で読み上げてくれる場合もあるのです。

さらに「被害者情報」が並びます。事件の被害者の住所、職業、氏名、生年月日を表記。被疑者同様、人権の観点から広報文に記載しない県警も多いのが現状です。

続いて並ぶのが「事案の内容」。容疑者が罪に問われている行為を記載されているのが通常です。ここに容疑の認否を記載する場合もあります。「県警は認否を明らかにしていません」などの報道は、警察広報文が元になっているわけです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事