ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

路上駐車「電話ください」貼り紙はむしろ逆効果

駐車禁止の取り締まりは、以前は警察官がカギ付きの駐車禁止ステッカーを取り付け、違反者を警察へ出頭させて違反キップを切るスタイルでした。それが今は、ナンバーから判明した車両の持ち主に「放置違反金」を払わせるスタイルに移行。そんな駐車監視員は貼り紙で見逃してくれることはあるでしょうか。


路上駐車「電話ください」貼り紙はむしろ逆効果

路上駐車の貼り紙は監視員にはカモ

駐車禁止エリアに路上駐車したクルマでよく目にするのが「近くにいますので、邪魔な場合はすぐに移動します。電話ください」という貼り紙。しかし、駐車禁止の取り締まりには、むしろ逆効果なのでした。

駐車監視員によると「電話なんてしませんよ(笑)。その貼り紙はしばらく戻らないことを宣言してるようなものです。私らにとっちゃカモです」とのこと。人情や思いやりは駐車禁止には通用しません。

駐車禁止の取り締まりでナンバープレートを外したり、ガムテープで覆ったりして隠したらどうなるでしょう? 国土交通省によれば、ナンバーの表示義務は駐車中のクルマにはありません。駐車してから前後のナンバーを隠してしまうと、理論上は駐車監視員が手を出せないことになります。

監視員は路上駐車の放置車両を取締り

しかし、ナンバーを隠した路上駐車を見つけたら、駐車監視員は警察に連絡するはず。警察は逆にファイトを燃やして張り込み、運転者が戻ってきたところを道交法違反(駐車違反)で逮捕。実名報道させて見せしめとする可能性はあります。

なお「駐車監視員が来た!」と見張り役から連絡を受けて、すぐ路上駐車したクルマに戻るのは駐車禁止の取り締まりではセーフ。禁止場所に路上駐車すること自体が違反ですが、駐車監視員は「放置車両」でなければ取り締まれないのです。

実際。駐車禁止ステッカーを貼り付けた数より、貼り付ける前に運転者が戻ってきてセーフとなった数の方が2倍以上も多いという警察庁のデータもあります。とはいえ、駐車禁止エリアの路上駐車は危険な場合もあります。交通ルールをしっかり守りましょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事